2012年04月14日

カルトの十八番

昨日は、いろいろと「五月蠅かった」な。続きを読む


posted by デスペラード at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

痴漢は、一番簡単な社会的抹殺方法でんな

この時期は、まだ変態さんはそんなに出没しませんね。
寒い2月を過ぎたくらいに、春の芽吹きと共に、だw



続きを読む
posted by デスペラード at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

東電OL殺人事件は、何処まで発展するかな。

東電OL事件、再審の可能性…別人DNA検出
読売新聞 7月21日(木)3時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110721-00000090-yom-soci
 

東京都渋谷区で1997年に起きた東京電力女性社員殺害事件で、強盗殺人罪により無期懲役が確定したネパール国籍の元飲食店員ゴビンダ・プラサド・マイナリ受刑者(44)が裁判のやり直しを求めた再審請求審で、東京高検が、被害者の体から採取された精液などのDNA鑑定を行った結果、精液は同受刑者以外の男性のもので、そのDNA型が殺害現場に残された体毛と一致したことがわかった。

 「(マイナリ受刑者以外の)第三者が被害者と現場の部屋に入ったとは考えがたい」とした確定判決に誤りがあった可能性を示す新たな事実で、再審開始の公算が出てきた。

 この事件でマイナリ受刑者は捜査段階から一貫して犯行を否認。同受刑者が犯人であることを直接示す証拠はなく、検察側は状況証拠を積み上げて起訴した。

 2000年4月の1審・東京地裁判決は「被害者が第三者と現場にいた可能性も否定できない」として無罪としたが、同年12月の2審・東京高裁判決は逆転有罪とし、最高裁で03年11月に確定した。

 マイナリ受刑者は05年3月、東京高裁に再審を請求した。

 同高裁は今年1月、弁護側からの要請を受け、現場から採取された物証についてDNA鑑定の実施を検討するよう検察側に求めた。これを受け、東京高検が精液などのDNA鑑定を専門家に依頼していた。




前にも書いた「東電OL殺人事件」
http://desuperado.seesaa.net/article/210094639.html

今、この時期に出てまいりやした。

そういや、これをモチーフにした映画も出るね。
映画の方は、水野美紀が脱いだとかなんとか、官能の部分を前面に出してるけどねw

さて、殺された東電OLの当時、直属の上司だった現東電会長「勝俣

誰がこの話を持ち出してきたのかなwww
破壊は何時でも内側からだよねぇwww

まぁ、ユッケやら何やらはすぐに国家ヤクザが入るんだけど、東電には入りませんねw
この外堀を埋める行為・・・

アタマだけを挿げ替えちゃおうって話かなw
原発マネーカルトの奥までさらけ出さないようにw

殺した理由の為に売春とゆう言葉で世間的に殺して、犯人を仕立て上げるけど
全体像が出来上がる前にもっとスキャンダラスな事件によって也を潜めたお話。

この話が出てきてプルプルするのは一部の人間だけだよねw
すべてを知って加担してた人間は少ないだろうしねw

勝俣が不審な自殺をしてしまうのかなw
まぁ、そんなもんで終わりにしてもらいたくないがw



↓よ〜く分かりまフw

東京電力会長の勝俣恒久に逆らうと 何が起きるのか?w
http://mkt5126.seesaa.net/article/200080911.html



改めて当たり前にw
東電とゆー大手企業のOL(管理職)が売春婦をしていたなんて話は、東電にとったらマイナスイメージでしかない。
東電とゆー大手企業なら、普通ならこのスキャンダルをもみ消せるはず。
マスゴミと東電(電事連)のカネの癒着っぷりは、今回のフクシマで皆が分かっているところ。
にもかかわらず、マスゴミが被害者の夜の顔を一斉にフューチャーした事。


「鋼の錬金術師」って漫画でマリア・ロス少尉が軍に歪められるエピソードって知ってる?
ヒューズ中佐が殺され、その犯人にマリア・ロス少尉が仕立て上げられ逮捕されるって話。
軍にとって隠したい身内の犯罪のはずが新聞に堂々と載る。軍事国家なので新聞に載るとゆー事は、軍が手回ししているとゆー事。そいで状況証拠が次々と出てきて・・・。
犯人はホムンクルスでソレと繋がる軍の上層部がかっさくした陰謀に落とされるって話で・・・。
まぁ、漫画なので素敵な事になりますがw





posted by デスペラード at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。