2014年10月20日

ヘルスケア事業と衛星事業の絡むとこ

2014年10月17日  メモ
http://desuperado.seesaa.net/article/407303335.html


2014年10月18日
ニホンのゲノムバンクは、富士でいーですか?
http://desuperado.seesaa.net/article/407308240.html



続きだえ。







日本 DNA データバンク (DDBJ)

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構

国立遺伝学研究所 生命情報・ DDBJ 研究センター

〒411-8540  静岡県三島市谷田1111




DDBJ 沿革
http://www.ddbj.nig.ac.jp/history-j.html

DDBJ 事業報告
http://www.ddbj.nig.ac.jp/ddbjnew/annualreport-j.html









崖の上のボニョ @bonohu ・ 10月13日

国立遺伝学研究所の今の敷地に前にあった会社だそうな #NIG /
“中島飛行機 -
Wikipedia” http://htn.to/bmzNLA




ヘぇ~。



中島飛行機  Wikipedia

中島飛行機(なかじまひこうき)は、1917年から1945年まで存在した日本の航空機・エンジンメーカー。創業者は元海軍機関将校であった中島知久平で飛行機報国を念じ創設した。エンジンや機体の開発を独自に行う能力と、自社での一貫生産を可能とする高い技術力を備え、第二次世界大戦終戦までは東洋最大、世界有数の航空機メーカーであった。



中島飛行機の沿革[編集]

1917年(大正6年) 12月21日 - 中島知久平が海軍を退官後[1]、群馬県尾島町(現太田市)の旧博物館で「飛行機研究所(呑竜工場)」を設立。民間航空機メーカー第二号。

1918年(大正7年)5月 - 川西清兵衛が経営に参画、「日本飛行機製作所」に商号変更

1919年(大正8年)4月 - 陸軍から20機を受注

1919年(大正8年) - 川西と所長がトラブル。11月27日に川西は所長へ30日までに所長辞退[2]か工場買取りかを迫る

1919年(大正8年)11月29日 - 新田銀行が10万円を融資し所長退任を免れる

1919年(大正8年)11月30日 - 契約通り会社を買取り、提携解消。井上幾太郎の仲介で三井物産と提携

1919年(大正8年)12月26日 -「中島飛行機製作所」に商号変更

1920年(大正9年)4月 - 陸軍から70機、海軍から30機受注

1925年(大正14年)11月 - 東京工場完成

1931年(昭和6年)12月15日 - 「中島飛行機株式会社」(資本金600万円)と改称

1937年(昭和12年) - 九七式戦闘機が陸軍に制式採用

1938年(昭和13年) - 発動機組み立ての武蔵製作所完成

1940年(昭和15年) - 海軍機専用組み立て工場の中島飛行機小泉製作所を開設[3]。

1941年(昭和16年) - 一式戦闘機「隼」が陸軍に制式採用

1942年(昭和17年) - 興亜工業大学の実習教育を受け入れをはじめる

1944年(昭和19年)1月 - 陸軍機専用組み立て工場の中島飛行機宇都宮製作所を開設、制式採用された四式戦闘機「疾風」の生産を開始。

1944年(昭和19年)4月 - 大型爆撃機富嶽の開発に着手、急ピッチで開発、研究を進める。

1944年(昭和19年) - 12月の集計で生産のピークを迎え全ての工場の集計で最高生産機数7940機を記録。

1945年(昭和20年)4月1日 - 第一軍需工廠となり事実上国営化。中島飛行機は営業休止しつつ存続。

1945年(昭和20年)8月 - 富嶽設計放棄により一部(剣、橘花)を除いて設計室を全て解散、設計技師も生産現場に就く。

1945年(昭和20年)8月16日 - 終戦(太平洋戦争)により全工場返還を受け、社名を富士産業株式会社に改称、知久平取締役社長を辞任。8月22日乙末平が社長就任。

1945年(昭和20年)11月6日 - 富士産業株式会社は財閥会社として解体を占領軍より命ぜられる。

1950年(昭和25年)5月 - 解散



終戦までに計29925機の航空機を生産した。三菱が設計した零戦の全体の約2/3も中島飛行機が生産している



こうして日本の軍事力の強化とともに急速に発展を遂げるが、アメリカ軍による戦略爆撃の主要な攻撃目標とされ、多くの工場は破壊された。さらに破壊を免れるための疎開作業で生産は停滞した。敗戦でGHQによって航空機の生産はもとより研究も禁止され、二度と軍需産業に進出できないよう、12社に解体された。技術者の多くは自動車産業へ転進。日本の自動車産業の発展に多大な貢献をした。



終戦後の10年間、慶應義塾大学基礎学科の研究室を置いていた。また、1953年(昭和28年)には三鷹研究所跡地に国際基督教大学(ICU)が設置され、一部の建造物は現在も用いられている。また武蔵製作所は、NTT武蔵野研究開発センタ、武蔵野中央公園、武蔵野陸上競技場(武蔵野総合体育館を併設)として用いられている。





解体後12社の沿革[編集]


中島飛行機から解体された会社は多くが現在でも存続しており、
富士重工業 (スバル) 以下の会社が共同で設立し、後に合併して出来た。


東京富士産業(本社→)

富士工業(中島飛行機太田工場と武蔵野工場→)

富士自動車工業(中島飛行機伊勢崎工場→)

大宮冨士工業(中島飛行機大宮工場→)

宇都宮車両(中島飛行機宇都宮工場→)



THKリズム(中島飛行機浜松工場→富士精密工業→プリンス自動車工業→分離独立・リズムフレンド製造→リズム自動車部品製造→リズム→THKリズム、THK子会社)

富士機械(中島飛行機前橋工場→富士機器→富士機械、富士重工子会社)

輸送機工業(中島飛行機半田製作所→愛知富士産業→輸送機工業、富士重工子会社)

マキタ沼津(中島飛行機三島工場→富士機械工業→富士発動機→富士ロビン→マキタ沼津、現マキタ)

GKNドライブライントルクテクノロジー(中島飛行機栃木工場→栃木富士産業→GKNドライブライントルクテクノロジー、日産関連会社→GKN日本法人)

イワフジ工業(中島飛行機黒沢尻工場→岩手富士産業→イワフジ工業、現新明和工業子会社)



がある。



最終的に日産自動車へ吸収された富士精密工業(中島飛行機東京工場→富士精密工業→(旧立川飛行機出身者によるプリンス自動車工業と合併)→プリンス自動車工業→吸収合併・日産自動車)は存続会社が日産自動車であるので、法律的には消滅している。



富士重工業は、1966年(昭和41年)に東邦化学株式会社と合併し、存続会社を東邦化学株式会社とした。この存続会社の東邦化学株式会社は1965年に商号を富士重工業株式会社と改めた上で合併しているため、一貫して継続した同一名称ではあるが、法律的には従来の富士重工業は1965年に一旦消滅している。これは株式額面金額変更が目的の事務的なものである[4]。



自動車開発[編集]



戦後自動車製造に挑戦したメーカーは多くあったが、戦前からの自動車メーカーであったトヨタ自動車や日産自動車でさえも独自開発が難しく、海外メーカーの模倣やライセンス生産で凌いだり、軍需産業の中心だった旧三菱重工業の分社ですら技術提携による外国車のノックダウン生産をしていた。その時代において、中島飛行機を前身ないし源流とする富士重工業とプリンス自動車工業の2社のみが技術提携に頼らず自力開発を行う素地を有していた。




航空宇宙・ロケット開発[編集]


中島飛行機は終戦直前にはドイツからの技術情報等に基づき、ジェットエンジンやロケットエンジンの独自開発にも着手していた。しかし、これらの資料は終戦時に焼却され一時途絶えた。技術力は富士重工と富士精密工業などと後のプリンスに継承されたが、日本政府は、経営破綻が時間の問題であったプリンスにロケット開発を担わせることに危機感を抱き、トヨタにプリンスを吸収合併させるべく画策した。しかし、トヨタは自動車製造に専念したいという理由(政府のヒモ付きとなることを懸念した)からこの話は破談となり、当時、業界2位であった日産が引き受けることになり、日本の宇宙ロケット技術の途絶という、最悪の事態は回避された。


実際のロケット開発として、糸川博士による国産初のロケットペンシルロケットを東京大学生産技術研究所AVSA班共に開発した。 また、その後石川島播磨重工業(現:IHI)に吸収されるまで東京都荻窪に有った荻窪事業所(製造)、埼玉県川越(燃焼実験)で自衛隊のミサイル及び宇宙開発事業団(NASDA)(現:宇宙航空研究開発機構(JAXA))のロケット開発製造を行う。 開発した事例としては、H-IIAロケットの固体燃料ブースター、衛星制御システム(液体燃料による姿勢制御)の他、固体燃料ロケットミューシリーズでは主体で開発を行った。


その後、日産とルノーとの提携に前後して、宇宙開発部門は分離され、IHI傘下となってアイ・エイチ・アイ・エアロスペースが誕生した。ロケットエンジンの開発メーカーは世界でも少数に限られ、日本の国策にもかかわるため、ルノーの資本参入が決定される際に水面下で様々な駆け引きがあったと言われている。




富士重工業[編集]

富士重工業は、もともと中島飛行機出身の有志が、国産航空機開発の再開を目指して設立した会社であり、戦後の航空機生産解禁後は、航空機分野への参入に挑戦している。



1945年(昭和20年)8月 - 敗戦後、定款を変更し富士産業株式会社と改称

1948年(昭和23年) - 東京富士産業株式会社設立(富士重工業の前身)

1950年(昭和25年) - 富士精密工業設立(プリンス自動車工業の前身)

1952年(昭和27年) - 富士精密工業がプリンス自動車工業を吸収合併

1953年(昭和28年) - 富士重工業株式会社設立

1961年(昭和36年) - 富士精密工業がプリンス自動車工業と改称

1966年(昭和41年) - 日産自動車がプリンス自動車工業を吸収合併











はい。

ミサイル(衛星)の富士重工業。

三菱の零戦の生産のほとんどを手がけた中島飛行場。



はぁーん。

三鷹・武蔵野にある気象変動ビジネスの肝じゃねーかえ。





http://desuperado.seesaa.net/article/400510312.html

三鷹には・・・日本天文学会本部、調布飛行場、自衛隊、JAXAなんかがある。富士重工もあるな。

三鷹市大沢ってすごいね。国際基督教大学 ルーテル学院大学 東京神学大学 東京大学 天文学教育研究センター 富士重工業  隣の調布飛行場 警察大学校 航空自衛隊府中基地 府中刑務所 東芝と続いている。宇宙航空研究開発機構は、東側

http://desuperado.seesaa.net/article/377065850.html



三菱電機と衛星事業。

三菱商事が衛星事業、天候デリバティブなんかで会議をしょっちゅうやってま、三鷹。

http://desuperado.seesaa.net/article/378466795.html





2013年10月09日
イオンと自衛隊と四日市中学女子殺害事件と三鷹事件とか
http://desuperado.seesaa.net/article/377065850.html


2013年10月25日
1960年代 五輪・気象学・領土問題・ニクソンショック。そして、50年後の現在。
http://desuperado.seesaa.net/article/378466795.html


2014年08月25日
軍事利権で公共工事な気象操作について
http://desuperado.seesaa.net/article/403779823.html



2014年10月01日
続続 御嶽山アイコンから見えるもの  気象変動
http://desuperado.seesaa.net/article/406303086.html








そーいえば、御岳山の後、脅し台風があったが、

その時に、衛星が打ち上がってたんだよね。




H2Aロケット、あす打ち上げ 台風は影響なし
2014年10月6日05時27分
http://www.asahi.com/articles/ASGB54SFFGB5ULBJ002.html

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、H2Aロケット25号機を予定通り7日午後に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げると発表した。次期気象衛星「ひまわり8号」が搭載される。

打ち上げ時刻は7日午後2時16分。5日現在、九州南部に台風18号が接近しているが、打ち上げには影響ないとしている。




サクラサク @0529sakurasaku ・ 10月7日

そっか…今回打ち上げられたHUAの部品は岐阜と兵庫の川崎重工業で作られたのか。…



川崎重工、H-IIAロケット用フェアリングを種子島宇宙センターに向けて出荷
http://m.response.jp/article/2014/07/16/227823.html

川崎重工業は、H-IIAロケット用衛星フェアリングを岐阜工場(岐阜県各務原市)で設計・部品製造を経て、播磨工場(兵庫県播磨町)で組み立て後、種子島宇宙センターに向けて出荷した

今回出荷した衛星フェアリングは、種子島宇宙センターで打ち上げを担当する三菱重工業に納入され、H-IIAロケットに組み込まれる。ロケットは2014年度内の打ち上げに向けて準備作業が進められる。

今回出荷した衛星フェアリングは、直径4メートルのシングル・タイプ(4S型)で、この中に衛星が1機組み込まれる。搭載される衛星は、現在運用中の静止気象衛星「ひまわり7号」の後継である「ひまわり8号」となる予定。

川崎重工は1993年にH-IIロケット向けに衛星フェアリングを納入したのを皮切りに、H-IIロケット向けは累計7機分を納入した実績を持つ。

H-IIAAロケットでも、4メートル・シングル・タイプ(4S型)、4メートル・デュアル・タイプ(4/4D型)、5メートル・シングル・タイプ(5S型)の各種衛星フェアリングを開発・製造し、計24機分を納入してきた。

さらに、川崎重工は宇宙ステーション補給機(HTV)を打ち上げるためのH-IIBロケット用フェアリングを開発し、これまで4機を納入しているほか、2013年に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が打ち上げた固体燃料ロケット・イプシロンロケットのフェアリングを開発・納入するなどの実績を持つ。

同社は今後も衛星フェアリングの開発・製造を通して、衛星打ち上げビジネスの拡大を目指す。







サクラサク @0529sakurasaku ・ 10月7日

HUAロケットの前身であるHUロケットの初フライトが1994年。で今回、静止気象衛星「ひまわり8号」を搭載したH-IIAロケット25号機が打ち上げられた。ここにもあったか…



サクラサク @0529sakurasaku ・ 10月7日

長野と静岡は「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」とかいうのに新たに加わったとこだったのね。愛知・岐阜・三重だったのが長野・静岡となったのか。


区域の指定・計画の認定状況等
国際戦略総合特区の指定
http://www.pref.aichi.jp/kikaku/sogotokku/details/index.html






さて、岐阜やら静岡やら・・・インフルワクチン工場とかゲノムバンクとか。
で、医療特区の兵庫の川重の衛星とか。
ヘルスケア事業と衛星事業が交錯してるよーに感じるよね。

繋げりゃ簡単。

マイクロチップ埋め込みングなマイナンバーだ。
先行してるのが、何回も言ってるが「スマホ」な訳だ。

総合管理監視社会、スマートシティに向けて。





血管の振動読み、圧迫せず測定…NECが血圧計
2014年10月15日 19時45分
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20141015-OYT1T50094.html
NECは15日、腕を強く圧迫せずに血圧を測れる血圧計を開発したと発表した。
 3年以内の実用化を目指す。

 血圧計は、腕に巻くベルトに内蔵したセンサーが血管の振動を読み取ることによって血圧を測るため、強く圧迫しなくて済む。電池も内蔵し、運動時や就寝中など一日を通して血圧を測定できる。

 測定したデータは、スマートフォンなどに転送される仕組みで、専用アプリを使えば、過去の数値もグラフ表示できる。




サクラサク @0529sakurasaku ・ 10月15日

↑『測定したデータは、スマートフォンなどに転送される仕組みで、専用アプリを使えば、過去の数値もグラフ表示できる。』…スマホと繋がるのがいっぱいあるネ。



desuperado @desupehannari ・ 10月18日

自給自足をスマホが助ける植物栽培システム「Niwa」 http://wired.jp/2014/07/13/niwa/ … @wired_jpさんか・ら


desuperado @desupehannari ・ 10月18日

スマートなICTにマイナンバーにスマホは必須。マイクロチップ。スマートグリッドってのは、インフラの身売り切り売り。すべてにスマホは絡む訳で。










アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区・・・・愛知・岐阜・三重に今年から長野・静岡が増えた。

前回の↓

ニホンのゲノムバンクは、富士でいーですか?
http://desuperado.seesaa.net/article/407308240.html



で、横浜桐峰会病院院長の心中ニュースをメモしてるんだが(絶対他殺だが)


院長の経歴をもう一度


昭和40年三重大学を卒業後、同大学院第一外科に入学し中退、その後名古屋大学医学部第二外科に副手として入局。

在局中に派遣勤務で兵庫県公立八鹿病院、愛知県蒲郡市民病院、その後築地の国立がんセンターで、内視鏡を勉強し、神奈川県横須賀市の米国海軍病院でendoscopic surgeryとして指導にあたる。





モロじゃね?今日の更新の中身(場所)と。


で、昭和40年からこの時期に、この場所で、と考えれば 「四日市ぜんそく」に絶対絡んでるよな。

ぜんそくじゃん?死んだ松本義峯は、外科専門じゃねーか?ってか。


ぜんそくから発展で「肺癌」だよ。

国立がんセンターにも出向してるしね。

兵庫、愛知、がんセンター、横須賀(米国海軍病院)・・・・

大日本帝国陸海軍病院の国立がんセンターから731部隊そのまますぎる北里大学との近しい関係とか。



ネタの提供をしてたんだろな。

この成金医者わ。





四日市ぜんそくというと、加害企業に三菱モンサントやら・・・まぁ、三菱ばっかなんだがw




大天使ミカエルとミカエルの仲間達
四日市ぜんそくと四日市コンビナート 2014/10/16
http://blogs.yahoo.co.jp/mikaeru0628/38756478.html






三重というと、イオン。

民主と自民の茶番で閣僚が2人おろされましたね。

新しく上がってきたのが、上川陽子(法相)と宮澤洋一(経産相)。

2人ともハーバードケネディスクール出身。(ここらを次回にやりまっ)



カジノ利権とか4号機の燃料棒取り出しとニホン版NSC 紙幣の印刷 紙幣の原材料
http://desuperado.seesaa.net/article/379305453.html

2013年11月23日
新生銀行とあおぞら銀行 ケネディハーバードスクールとCSISとオウムとカジノ
http://desuperado.seesaa.net/article/380981390.html

2014年02月09日
ヘルスケア系のメーモ
http://desuperado.seesaa.net/article/387853905.html





で、上川陽子は・・・


サクラサク @0529sakurasaku ・ 4時間 4時間前

上川陽子 http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%B7%9D%E9%99%BD%E5%AD%90

出たね、静岡県出身…。しかも前職が三菱総合研究所研究員、グローバリンク総合研究所代表取締役。青少年有害情報規制法案を支持。





リベンジポルノとかが最近賑わってたね、そーいや。

ついでに、イオンとセブンアイホールディングは、自衛隊の補給と提携してるお。




で、小渕は、



Mr.カトー @Mrkat0 ・ 10月16日

小渕優子経済産業相が電気事業連合会の八木誠会長と会談し、運転開始から40年前後となる老朽原発の廃炉判断を急ぐよう要請する方向で調整していた。 http://www.daily.co.jp/society/economics/2014/10/16/0007423858.shtml … ⇒政治資金問題のリークはコイツらじゃないだろうな?お飾りが余計な仕事をするなと・・・。




で、次の宮澤洋一は、東電株を大量保有していると。(現在どんなもんか知らんが)



宮澤洋一
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E6%BE%A4%E6%B4%8B%E4%B8%80

家族・親族

元鉄道大臣小川平吉は曾祖父。小川は1903年(明治36年)に弁護士から代議士に転じ、激烈な対露強硬論をぶち上げた“国士”タイプの政治家で、実業への足掛かりはもたなかったが、特筆ものの閨閥を残した[9]。元衆議院議員の宮澤裕、岸田正記は祖父。参議院議員、広島県知事、法務大臣を務めた宮澤弘の長男で、元首相の宮澤喜一は伯父にあたる。妻は元日本航空社長柳田誠二郎の孫娘[10]。外務大臣の岸田文雄はいとこ。



宮澤家[編集]

(広島県福山市金江町、東京都渋谷区)

詳細は「宮澤喜一#家族・親族」を参照



小川家[編集]

(長野県諏訪郡富士見町、東京都)

詳細は「小川平吉#家族・親族」を参照



岸田家[編集]

(広島県東広島市、大連市、広島市南区比治山町、東京都)

詳細は「岸田正記」を参照



柳田家[編集]

(栃木県足利市、東京都)

詳細は「柳田誠二郎」を参照





大災害喰らった広島で、国鉄と日本航空&消費税な血統。

で、小川家の長野か。。。










最後に関連してんだろーなぁに感じるものをメモ。





naNami(脱力中) @nanachin1974 ・ 10月19日

◆東富士演習場のオスプレイ訓練中止 米側、当日連絡 (@S[アットエス] by 静岡新聞) - Y!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141019-00000004-at_s-l22 … (10月19日(日)7時14分配信)


nYo @nYo_bettycat530 ・ 3時間 3時間前

在日米軍基地立ち入り容認 日米両政府、環境協定で実質合意 2014年10月20日 17時49分 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014102001001771.html


naNami(脱力中) @nanachin1974 ・ 10時間 10時間前

■ソニー故盛田昭夫氏の実家で、愛知県の老舗造り酒屋「盛田酒造」が伊勢湾に大量の汚染物質排出、水質汚濁防止法違反で家宅捜索(各紙) http://financegreenwatch.org/jp/?p=47700 (October 20th, 2014)











desuperado @desupehannari ・ 10月18日

阪神CS突破。ネオコンが調子こいてる時は、いつも通り阪神つえーな(棒)
イスラムコクガァーガガガピーピピィー



Shinmei ada @ada0829 ・ 7月21日

ネオコンと阪神の比例。 2003年 3月にイラク戦争→阪神そのままロケットスタートで優勝。2005年 4月に福知山線脱線→5月から阪神上昇→7月から中日とデッドヒート→衆院解散・小泉自民大勝→阪神優勝。2008年 7月から巨人とのデッドヒート→9月リーマンショック→阪神V逸。


Shinmei ada @ada0829 ・ 7月21日

2010年 9月に阪神と中日の天王山、同じ時に尖閣諸島漁船激突事件、日中は局地戦にもならず→阪神V逸。昨年 7月まで巨人とデッドヒートも、8月末の天王山で終戦。時を同じくして、シリア情勢緊迫化。しかし、阪神終戦と比例するかのように沈静化。


Shinmei ada @ada0829 ・ 7月21日

日本一になった1985年は特に顕著。7月までは巨人・広島とデッドヒート。が、8月の日航機123便墜落事故以降、V争いから抜け出す。勢いそのままに球団創立以来、初の日本一に。プラザ合意や各種民営化等、今の日本のネオコン化の元になった1985年、阪神もバブルだった。




阪神ネタは、まぁついでだw
posted by デスペラード at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407466615
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック