2014年04月08日

新年度に入りましたが、米国債どんだけ買うんすか?買ったんすか?キチガイ政府サマ。

https://mobile.twitter.com/TOKYO_Shimbot/status/453305341606776832?p=v
東京新聞 Bot
@TOKYO_Shimbot
経済: 日豪EPA大筋合意 関税 豪牛肉下げ 日本車は撤廃(4月8日 朝刊) [写真]:

http://t.co/IuRNM6xviu


https://mobile.twitter.com/_KnZ/status/453406281676505088?p=v
KnZ
@_KnZ
[wisdomkeeper] 台湾議会占拠の学生らが撤退を発表

http://t.co/Y0mOgt9qxr



日豪EPAが決まって、日米交渉では終始笑顔でフロマン氏が来るそうで。。と同時に、台湾の学生国会占拠が止まる。


ちきゅう号やジョイデスが動いてたのは、コレだよね。
まぁ、今のところって話にはなるけどさ。


http://desuperado.seesaa.net/article/393803537.html
金を掘れば水銀の被害。ウランを掘れば 放射能の被害。表向きウラン濃縮とかは2箇所で、解体できるのはロシアでって。捨て場所なんだけど、作るつもりなんんだろうな、まだ。だって、どんなにガンが増えても、日本なら、原発事故があったからと思われて 不自然じゃなく見えるから。

日本海でも太平洋でも、なんやかやと掘削しまくっているので、そのうち日本が沈没するか、ひょっこりひょうたん島のように流れ出すんじゃないかと思う。

desuperado @desupehannari
沈没やら流れ出すやらは、奴等、星のシーケンスをしてるので。新しい島が出来た時に「マジだな」って思った。湾を広げたりするんでしょうね。内部の方に。ゴミ問題(埋立地)は、ずっとある問題でしたし。で、土地の買収で思い出すのって、アソコしかない。。。



そーいや、ひょっこりひょうたん島のお話って、火山爆発で死んだ人達の「夢の中のお話」だったな。。。



https://mobile.twitter.com/AmboTakashi/status/416117066756681729?p=v
安保 隆(脱不正選挙・脱被曝)
@AmboTakashi
グラクソスミスクライン社の社員が、身分を隠してワクチンの効果を過大に見積もる論文を書き、それを根拠の一つとして厚労省がワクチンの提起接種を決めていた。1人につき5万円で年間300億円もかかるワクチン接種費用をゼロとして計算していた。
http://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/0c704ceb40d9e781b38528968168a11d?fm=rss

グラクソスミスクラインの子宮頸がんワクチンの論文問題。
去年の末。



2014年04月05日
http://desuperado.seesaa.net/article/393803537.html
ノバルティスは、LSD開発のサンド社とDDT(農薬毒ガス)開発のチバガイギーの合弁会社。
スイスからだね。
昭和27年くらいにチバ社がニホンに来るんだが、戦後GHQがマッカッサーが解任後に。
スイスだし、時期的にも、天皇の金塊(皇軍)やらと合わせて考えれば だね。
で、日本ノバルティスの本社は、三井ビル。支社も三井ビルだね。

いつもの三井系へのテロってのと、、放射能汚染から被ばくからのガン利権。

ノバルティスは「白血病」でやられたよね。
上記してる話だが、初期症状には、風邪やインフルに患いやすくなる。
3/31に武田薬品が新型インフルエンザワクチンの製造販売承認を取得した。
武田は、グラクソスミスクラインと繋がり、グラクソスミスは、第一三共と世界最大のワクチン製造事業を行っている。
元々、グラクソスミスのワクチン事業には、ニホンでは住友が関わっている。

先にこっち(インフルワクチン)をしっかりと売りたいっつー話。
理研STAPとIpsの話もよく似たように見えるんだが、僕には。





武田薬品に6200億円賠償命令 米陪審、発がんリスク隠しで
2014/04/08 14:21【共同通信】
http://www.47news.jp/smp/CN/201404/CN2014040801001699.html
【ニューヨーク共同】ブルームバーグ通信によると、米ルイジアナ州の連邦裁判所の陪審は7日、武田薬品工業が糖尿病治療薬「アクトス」に関し発がんリスクを隠したと認定、武田薬品に60億ドル(約6180億円)の懲罰的損害賠償の支払いを命じた。
 米ニューヨーク出身の男性が提訴していた。男性は、アクトスの投与が原因でがんになったと主張、武田薬品側は否定していた。

 武田薬品の広報担当者は「現地に確認中」とコメントしている。

 フランスの規制当局は2011年、アクトスを服用している患者のぼうこうがん罹患率が非服用者より高いとして、新規の患者への投与を禁じる措置を取った。



ルイジアナは、フランス軍の虐殺劇(植民地)からだもんな。
ミシシッピ川だ。
ここらで、勢力伸ばしてる企業ってーと、モンサント。
ラウンドアップの訴訟問題なんかで出てるよね。

糖尿病ってーと、イーライリリー。遺伝子組み換えヒトインスリンのNo1。
糖尿病治療薬アクトスは、武田とイーライリリーが。
イーライリリーのニホンでの利権に与かってるのが創価学会。(医療系、薬剤系はどこから引っ張っても繋がるが)

モンサントは、砂糖屋から始まっている。
人口甘味料アスパムテールなんかは、傘下に入れていったGDサール、ファルマシア。ラムズフェルドだ。
糖尿病利権サイクル。



ラムズフェルドの経歴とか製薬とかキタチョープロレスとか
http://desuperado.seesaa.net/article/354982284.html

〜ファイザーとGEヘルスケア 多国籍製薬メーカー〜
http://desuperado.seesaa.net/article/356028523.html?1366283026

〜脳炎 ギランバレー インフルエンザ〜
http://desuperado.seesaa.net/article/356426124.html?1366485401



モンサントまで届くのかな?それとも、手打ちとして武田が出されたのかな?


アクトス訴訟の評決に不服=武田薬品
http://t.co/ctu7zau4Rr


731武田は、納得いってねーみたいだがw
まぁ、発ガン性の話で文句言われてんだから、そーゆー事だと思うんだけどね。

ケムトレイルの中身とワクチンの中身とチタンとトリチウム 2014年04月05日
http://desuperado.seesaa.net/article/393803537.html







「梅毒」患者数、若年層に増加 昨年1200人超え
産経新聞 4月7日(月)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140407-00000072-san-hlth

梅毒
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%85%E6%AF%92
梅毒(ばいどく、Syphilis。黴毒、瘡毒(そうどく)とも)は、スピロヘータの一種である梅毒トレポネーマ (Treponema pallidum) によって発生する感染症、性病。 in vitroでの培養は不可能のため、病原性の機構はほとんど解明されていない。1998年には全ゲノムのDNA 配列が決定、公開されている。また、理由は不明だが、ウサギの睾丸内では培養することができる。



イヤな連想。 細胞学的検査って、口内や、鼻の粘膜 引っかくから。。



都内のエイズ患者 去年は過去最多に4月8日 4時19分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140408/k10013573331000.html


糖尿病の合併症予防 連携手帳活用や心理的ケアも
- MSN産経ニュース 2014.4.8 08:30
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140408/bdy14040807270002-n1.htm
世界的に患者が増加している糖尿病。日本の患者は約950万人で、この5年で約60万人増加し、合併症による医療費増加は大きな問題となっている。




武田薬品とファイザーによる
2型糖尿病治療剤「アクトスレジスタードマーク錠」の中国におけるコ・プロモーションの実施について
2009年12月15日
http://www.takeda.co.jp/news/2009/20091215_4659.html

2013年 4月 30日 14:38 JST
メルクとファイザー、2型糖尿病薬の開発で提携契約
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323343804578453994117385814.html
米製薬大手のメルクは米製薬最大手ファイザーのインスリン非依存型(2型)糖尿病治療薬候補の開発と商品化で日本を除く全世界で提携する契約を締結した。


で、後発薬でもって、欲が深い。



糖尿病の合併症。

まず眼底検査で、次に言われるのが、動脈硬化による骨壊死で、整形外科。 心疾患は言うまでもない。 なにやら、放射能とリンクしてるような。眼と骨。

これもあったわ。

糖尿病神経障害に伴う痛み・しびれ
http://toutsu.jp/nerve_pain/tounyoubyou/

神経障害性疼痛治療薬
http://toutsu.jp/cure/yakubutsu/
痛みの治療を行う際に、最も一般的に実施される治療は、薬剤を用いる「薬物治療」です。
薬物治療に用いる主な薬剤には、NSAIDs(非ステロイド性消炎・鎮痛剤)、ステロイド、神経障害性疼痛治療薬、鎮痛補助薬、オピオイド、麻酔薬などがあります。
薬物治療では、さまざまな薬剤を病態や症状に合わせて、使い分けています。


麻酔薬ね。。。
広がる広がる腐った利権。。



糖尿病の合併症。

まず眼底検査で、次に言われるのが、動脈硬化による骨壊死で、整形外科。 心疾患は言うまでもない。 なにやら、放射能とリンクしてるような。眼と骨。



放射能とリンクしてるよね。ケムトやワクチンの日記で大体合ってると思ってるんだけど。
インフル等かガンか。ごまかすか、オモテに出すか。放射能汚染の実態に対しての脅しに見える。
つまり、米国債買い支えろ!のお話だと思います。



https://mobile.twitter.com/Cambodia_Topics/status/453408440807718912?p=v
カンボジアのニュース
@Cambodia_Topics
ダイナムジャパン、日本のカジノ運営に向け複数社と協議=取締役会議長 - ロイター
http://t.co/EleKRSdcoI


そして、抜け道の用意。


2月の国際収支 5カ月ぶりに6,127億円の黒字に転じる
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140408-00000284-fnn-bus_all


海外投資からの利子や配当などの所得収支は、1兆4,593億円の黒字 って、投資者が、国内に回さないんだから意味無しなのよ。


国内に回さない。そら、そーだ。外に献上して、そこの統治にワタクシメをよろしくごぜーます と淡い夢を見てんだろう。





https://mobile.twitter.com/Mrsmyu/status/453054068567449600?p=v
myu
@Mrsmyu
東電、都内全域でスマートメーター設置へ 7月から(SankeiBiz) - Y!ニュース
http://t.co/K5GsHRgIHE
種類に応じた通信方式などの技術検証も来年6月まで順次実施。検証結果を踏まえ、15年7月から本格サービスの運用を開始する ←健康への検証は?



https://mobile.twitter.com/kadoduke/status/453339721993703424?p=v
山口 直樹
@kadoduke
人工衛星等を使用した無線通信と周波数利権の先にある スマート化社会 には危惧しか感じられない   いや、実際何言ってんのかさっぱり解らんのだけどねw

2015 年世界無線通信会議(WRC-15)に向けた我が国の暫定見解(案)PDF
http://www.soumu.go.jp/main_content/000284124.pdf



何言ってんのか、オレもワカリマセンw
電波利権で、災害対策 的な感じですかね。
「緊急事態、自然災害軽減の為の周波数管理ガイドラインの作成」とかあるし。


https://mobile.twitter.com/iceman_y/status/451909768513220608?p=v
Leyline99
@iceman_y
災害対策へ専門組織 米FEMAモデルに政府が検討 - MSN産経ニュース
2014.4.4
http://t.co/gV14vgTRzQ
FEMA(強制収容所)送りを前提とした実在する800万人の米国人のリスト | カレイドスコープ
http://t.co/au768AAWAr



こんなもんですね(棒)



2013年12月03日
NSCとDHS
http://desuperado.seesaa.net/article/381820510.html



海外渡航とか税関等の縛りが見る見るウチにエライ事になりそです。


ってか、海外からとされるテロ欲しい感じですか?キチガイカルトサマ。
飯島が最近でしゃばってましたが、またキタチョーですか?


北朝、核施設で事故発生の恐れ 2014/4/8
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_04_08/kitachousen-kakushisetsu/
北朝鮮のヨンビョンにある核施設で給水システムの故障が発生した恐れ。事実であれば深刻な事態をもたらしうる。8日、ジョージ・ホーキンス氏の米大学のサイトが、38 Northが人工衛星からうつしたヨンビョンの核施設の写真を掲載して明らかにした。
米国人の専門家によれば、施設の気密状態が不完全であるために、小さな事故でにもかかわらず、これによる放射能漏れが生じた恐れがある。

これより以前、韓国のパク大統領はヨンビョンの核施設が1986年のチェルノブイリと同様な大事故を起こす危険性について言及していた。北朝鮮の公式的なマスコミはパク大統領の声明について「馬鹿げたたわごと」と非難していた。








「どうやって」

(引用開始)

ビル&メリンダ財団

Indian Researchers Selected to Develop Next Generation Toilets
次世代トイレを開発するのに選ばれるインドの研究者

http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,een_ja,bT,uaHR0cDovL3d3dy5nYXRlc2ZvdW5kYXRpb24ub3JnL01lZGlhLUNlbnRlci9QcmVzcy1SZWxlYXNlcy8yMDE0LzAzL0luZGlhbi1SZXNlYXJjaGVycy1TZWxlY3RlZC10by1EZXZlbG9wLU5leHQtR2VuZXJhdGlvbi1Ub2lsZXRz

*Indian Institute of Technology Roorkee in collaboration with Fresh rooms
Life Sciences*: The project will develop a single household container that
will cultivate Black Soldier Fly larvae, using human faeces, which can be
processed into valuable products. The project will also demonstrate the
market potential for these products. This is a proof of concept grant.
*新しい部屋生命科学と協力してインドの工科大学Roorkee*:プロジェクトはヒト糞便を使用してブラックSoldier
Fly幼虫を深める一つの王室の容器を開発します。そして、それは価値ある製品に処理されることができます。プロジェクトは、これらの製品のために市場可能性も示します。これは、概念補助金の証明です。

*Hermetiaのillucens*
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://en.wikipedia.org/wiki/Hermetia_illucens&prev=/search%3Fq%3DBlack%2BSoldier%2BFly%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4ADFA_jaJP444JP444
*黒の兵士ハエの幼虫(BSFL)が*で使用することができる*肥料管理*のために、
*家は飛ぶ*
制御し、ために*生物変換*の有機廃棄物の。
Mature larvae and prepupae raised in *manure*management and waste bioconversion operations may also be used to
supplement animal feeds. *[ 2 ]*育ち、成熟幼虫prepupae
*肥料*管理及び廃棄生物変換動作はまた、動物飼料を補充するために使用されてもよい。




うじ虫のプロジェクトとは。。
げいつさんは知らないだろうな、これ。知ってるかな?

女子学徒隊経験談から
*http://www1.odn.ne.jp/~cjo55810/mecha's%20Room/page061.html …*

どうしてこんなこと考えつくかな?


奴隷を彼ら流に進化させれば、食い扶持を自ら稼いでくれ、自分は奴隷と気がつかない状態の奴隷。
民主主義と思わせながらの独裁。
フラットと思わせながらのインターネットとか。。



*柳井正*
現実を視よ http://book.akahoshitakuya.com/b/4569806929

見た範囲のどこの本屋でもまだ置かれていて古本屋にもあったけど笑ってしまう。現実に合わせ続けたら、現実が悪くなる一方なのを止めることはできないのではないかな?
この現実に合わせ続けると弱肉強食になってしまうわけで。



スタップ細胞はあるのか?w
理研ノエライさんはないから検証しないと言い、コボカタさんはあると言い、どっちを信じるか?って、ハーバードはあるって言ってるんだしの、グズグズ。もうすでに学問の状態ではない。ないといったらないんだ!のカルト、上下関係の世界で、うんで金儲け。


「この小屋の半分は死の観念でできている」なんて言っても誰も聞いてくれないが、ブログなら書ける。
*http://mainennetaro.blog.fc2.com/blog-entry-434.html …*
そう、ネットの中では自分で情報を集め、自分で情報を集め、一般世間の上下関係なく、「それもありだよね」「そうだよね」の論を立てることができた。
学問では、「それはない」は言えないそうだ。だから、メジャーでなくとも、「可能性」を広げることができた。そういう人たちが次々と、閉じたり、現れなくなったり、ズラシて更新したりしてきている。そうして、生き延びてくれと思う。


花森安治
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E6%A3%AE%E5%AE%89%E6%B2%BB
は戦時中、軍部でコピーにかかわったことを終生、気にしていたそうだ。
平野謙 (評論家)
*http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8E%E8%AC%99_(%E8%A9%95%E8%AB%96%E5%AE%B6) …*が軍部に係わった事を研究した人は、学会から徹底的に無視され叩かれたそうだ。平野を敬愛し丸ごと研究するなら含めて当然なのに


山本夏彦さんんは書いていた。「花森のやったことは職人ならばやるだろう。
そして、暮しの手帖では、商品テストをやるので広告を載せなかったが、広告を載せたって、商品テストはできるのである。」と。

山本さんは紙の統制があった時代に、印刷所の紙持ちという制度を使って、さらに和紙に目をつけて出版した。和紙は特製本にして高く売ったとか。「裏をかいていくのが楽しかっただけである
」なんて書いている。こういうたくましさが羨ましい。



橋本治
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%8B%E6%9C%AC%E6%B2%BB
この人がやってきたことについて、「東大」ということが大きな免罪符であったことに一度も言及しないなと思っていたら、過去の本にそれに該当することが書いてあったのを思い出した。

小学生の時に、授業参観に父親がきたにもかかわらず、すごい態度が悪く、それでも父親は怒らなかった。それは、成績が良かったからである。学校という19世紀的世界では成績をクリアすればあとは大目に見られることを知っていたと。
その延長線上が東大だったら、「人を納得させる」とか「黙認させる」のレベルがとてつもなく高いことになるw。ウチの田舎でも、東大入ってる人なら、金髪だろうが緑のマニキュアだろうが、「あの子は
頭がいいから」で、済んだかもしれない。


「誰も聞いてくれないが、ブログなら書ける」
*https://twitter.com/ututuka/status/452762079259144192 …*現実で、「あの人の話なら聞いてみよう」って人になるのは、ネット内より、はるかに難しいように思える。これからもっと難しくなる。


不条理に対処するための人間の感情は「悔しさ」で、これを持ちこたえることが「我慢」なのだと、私なんかは思っている。私は、もしかしたら、人が「悔しさ」を持続させることを放棄しているからではないかと思う。「悔しさ」を支える体力がないから、すぐに折れてしまう
(橋本治という考え方』/橋本治)
http://showhyuga.blog.eonet.jp/blog/2009/04/post-f4b1.html


こだわりを捨てないことだよ」と大滝詠一さんは言った。
(宝島ヒーローインタビュー)


http://www.asahi.com/showbiz/column/manga_henai/TKY201212130472.html
生きてて楽しくないです でも不満はないです」。「読んでくださる方々には感謝と連帯感しかない。それは喜びとは別の所にあるもので、
喜びでは創作というエンジンは回り続けることができない」と西炯子さんは言った。

「自分を出そうとしなくても、見た感じを逃がさぬように心掛けてゆけば、その都度違う表現になって、いつの間にか一枚の葉っぱが手に入りますよ。一枚の葉っぱが手に入ったら、宇宙全体が手に入ります」
安田靫彦
http://blog.livedoor.jp/pitibo2000/archives/53766763.html


どうやって生きていったらいいのか? 不条理の悔しさを伝え続けること。

誰が何と言おうと 人が人として生きられず、命をまっとうできない社会は変しいのである。


もっとも、不条理であることが
糊塗されていて悔しさに繋がりにくいし、無能さで不条理と勘違いすることもあるから、難しいけど。だから、データがある。これって不条理でしょって。

さらに言えば、本来不条理な押し付けであったものをかいくぐって
工夫して不条理と感じなくなるようにする知恵とか、逃がしとか
得意だったから。

門口を狭くするとか、裏地に凝るとか。そういうもの。

かつて 理不尽、不条理であったものが、時間がたてば当たり前になってしまう。 不条理を課すほうが
論理的ならば、「程」というものがあるが、今は、程がないと思われている人を使って、論理的に「程」を超えさせているので、むごさが加速していく。


不条理の悔しさを伝え続けるとは、悔しさを忘れないとは
「次はこういうことするなよ」と新しい若い人に知らせるためで、
広く意見を聞くとか、情報を集めるとは、以前の失敗を繰り返さないでより良い物事を作るためなんだろうけど、今は、以前の失敗を隠して、やりたい方向へ誘導するために
情報を氾濫させてる。


日本 平成24年度特別会計当初予算 394,1 兆円
*http://www.mof.go.jp/budget/topics/special_account/fy2012/tokkai2407_03.pdf …*
2012年度 GDP 名目472.6兆円
http://news.mynavi.jp/news/2013/12/26/126/

スウェーデン *http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4550.html …*
国家予算1、3兆円 *http://ameblo.jp/camejirou/entry-11756880798.html …*GDP40,6兆円


大瀧詠一お別れ会、はっぴいえんど3人が弔辞「またね」
*ナタリー* 3月21日(金)18時4分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140321-00000046-natalien-musi
いろんな困難にぶつかっていっても必ず大瀧さんはユーモアで乗り切っていたような気がします。一番、大瀧さんから教わったのが『好きなことをやるのが最終的には残っていく』っていうことですね」とコメント。大瀧にかけたい言葉は?と聞かれると「僕を仲間に入れてくれて本当にありがとうございます。光栄です」と話してくれた。

(引用終わり)

仲間に入れてくれて本当にありがとうございます。



「一枚の葉っぱ」 

(引用開始)

「自分を出そうとしなくても、見た感じを逃がさぬように心掛けてゆけば、その都度違う表現になって、いつの間にか一枚の葉っぱが手に入りますよ。一枚の葉っぱが手に入ったら、宇宙全体が手に入ります」 安田靫彦
http://blog.livedoor.jp/pitibo2000/archives/53766763.html

(引用終わり)


老大家の画家さんの絵を見ていたら、評価の定まっていなかった若いころの絵の方が、断然面白い。年月を重ねて、凄みを増していく例もあるんだろうが、その時私が見たものは、老年になるにしたがって、見る人には難解な抽象的なものになってしまっていた。見る人が見れば、素晴らしさはあるのかもしれないが、私には一向に響いてこなかった。

これは何かに似てるぞと思った。

1980年代に アイドル時代があって、それにちょっと遅れてカラオケが広まった。普通のサラリーマンやOLが気軽に歌えるようになっていて、そのころのアイドルの歌は、がんばれば歌えるものだった。 似たようなころに バンドブームも
あったように思う。

アイドルのうち、歌える人はやがて、ちょっと難しい歌を歌うようになった。 カラオケで歌うのも難しく、盛り上がりもしないような感じ。 楽曲はいいんだけどね。 

昔のプロフェッショナルな聞き惚れる歌謡曲から、歌える曲になってヒットして売り上げを伸ばしたのに、歌えなさそうな曲になったら、そんなには売れない。
リスナーのことを見失っちゃった感じがした。

そう、名前だけで売れるようになると、受け手のことを見失う感じが 老大家の絵と似ている。


画壇とか、文壇とかいうものがよくわからないのだけど、新しい才能を

「あれは我々とは違う別のジャンルのもので、そちらで良いと思うなら結構じゃないですか?」

と、軽くいなして、自分たちを脅かさない者だけを評価するようなことをしていたら、仲間内だけでほめあってより良いものは生まれないだろうと思う。


斎藤美奈子さんの「読者は踊る」で 「芥川賞、直木賞の候補作」を全部読んで
実際に受賞したものと比べて、「選者が全員作家で、自分たちのクラブに入っていいよ」というような人に賞をあげていると書いていたけれど、そういうものなのだろう。


商売になるから、次々と新しいジャンルが生まれ、マスコミは持ち上げたりくさしたりするけれど、絵でも、小説でも映画でも、「見るべきか、そうでないか」
「面白いか 面白くないか」それだけである。結局は。

有難がって見たり、読んだりしちゃうこっちも悪いのだけれど。



(引用開始)

「自分を出そうとしなくても、見た感じを逃がさぬように心掛けてゆけば、その都度違う表現になって、いつの間にか一枚の葉っぱが手に入りますよ。一枚の葉っぱが手に入ったら、宇宙全体が手に入ります」 安田靫彦
http://blog.livedoor.jp/pitibo2000/archives/53766763.html

(引用終わり)

これを、なんとかデザイナーをめざしている若い人に言ったら

「いっぱい練習して何でもできるようにしておけってことでしょう」

と返された。

だけど、これはそのレベルではないと思う。

何でも描けるのは当たり前で、その後のこと。

自分の出したいものと、対象(クライアント)との間に葛藤があり、何とか自分の出したいもの、やりたいことで 描こうとしていた弟子に、「自分を出そうとしなくても」と言ったのであるから、一枚の葉っぱとは、「自分の出したいもの」と 対象(クライアント)が、一致する何かということだと思う。

そのいわば観客は、メガではないかもしれないけれど。


自分の確立なのかもしれない。

曲なんかでも、aikoさんとか、ちょっと聞いただけでもaikoさんとわかるよね。


〇〇さんの新作なら、「不見転」でも買うよ となった時の方が 孤独である。


自分で、自分の求めるもっと良い物を追求しなくてはいけないのだから。



(引用開始)

西炯子ワールド全開!エッセー 一生中2じゃダメかしら?(西炯子)
http://www.asahi.com/showbiz/column/manga_henai/TKY201212130472.html

しかし、一方で感じるのは、西の深い深い孤独である。「生きてて楽しくないです でも不満はないです」。「読んでくださる方々には感謝と連帯感しかない。それは喜びとは別の所にあるもので、喜びでは創作というエンジンは回り続けることができない」。
 大ヒット作を出してなお、この孤独、そして以前にまして増えた仕事量と、クオリティを落とさないこのプロ精神。西の夢というか目標が「生涯自分の収入で暮らす」だそうで、それを実践しているところに頭が下がる。

(引用終わり)

この方は、「一枚の葉っぱ」を手に入れて いつも厳しい孤独の戦いをしているように思える。 

『読んでくださる方々には感謝と連帯感しかない。それは喜びとは別の所にあるもので、喜びでは創作というエンジンは回り続けることができない』

という言葉は、読者というものを見失っていないことを感じさせる。

これがいいだろうという 老大家の押し付けじゃない 他者とのコミュニケーションがある。読者とのキャッチボールかな?



私は大滝詠一さんの熱心なリスナーではなかったのだけれど その急死がなぜか堪えて、昔の本を引っ張り出してきてみた。1985年の宝島のヒーローズインタビュー

1981年にあの爆発的にヒットした 『A LONG VACATION』が出て EACH TIMEを出した直後らしい。


売れない人の「質」論は説得力を持たないと。

以下引用

『質を基準にしてきたって例は、一度もないわけだし、たとえば、もし質が個人的な思い込みでしかないとしたら、もはや基準にはなりえないわけだよ。だけど、さてそれじゃ質ははたしてホントに基準になりえないのかどうか。あるいはセールス神話の中で、他に何がしかの基準はありえないのか。」

『これは現代の...現代のっていうかぼくの問題なんだよね。ただ、これはセールス神話の中に踏み込んで証明するしかテはないわな。はたして変わりうるのかどうか。同じ土俵にのりこまなきゃ勝負にならないんだよ。やっぱり。となりの土俵でわめいてもまた10年前のくり返しになっちゃうし。 「結局、こだわりを捨てないことかな?」と。

ロングバケーションを出したときはまだセールス神話に参加していなかったから
どういうことかもわからなかった。

『じゃあ、何を基準にしていのかというと.....これはけっこう面白い問題なんだけど、非常に個人的なものだからこれって言語化できないな。基準はなかったわけじゃない。間違いなく基準はあったけど。
結局、途中、途中の答えは見つかるかもしれないけど最終的にはちょっと見つけにくいものだと思う。それを探して音楽を作り続けているとも言えるわけで』

『こだわり、かもしれない。セールスだとか質だとか何だとかさ、いろんなことをぶっとばすにはまずこだわりだろうね。じゃ、そのこだわりとは何か、と言ったときに、結局、100%当たる八卦見が当て続けていくことで証明してみせるしかないように 、活動を続け、こだわり続けていくしかないわけで...。 とはいえ、これとてセールスの論理にはそう簡単に勝てるものではないでしょうな。ましてや
賞とかさ、格だとかさ、名前だとか、そんなものじゃないことはわかっている。


『たとえば百人呼んで、俺のレコード聴かせたらさ、ひとりはシクシク泣いてて、誰かがゲラゲラ笑っててさ、それでその横では怒ってて.....百人百様の反応が返ってくるものをやれたら、ね。コンサートの逆をいきたいの。コンサートは百人総立ちにならなくちゃいけないわけでしょ。あれの反対極限みたいなものをmwざいsたいと思うね。
究極だよ。ホント。でも、そういうものをやれるとしたら俺しかいないんじゃないか....
というある種の自負もあるんだけどね。』

引用ここまで


こだわりという言葉が、今は氾濫していて、安っぽくなっているので困るのですが、例えば「素材にこだわる」なんてことは、商売、プロなら当たり前で、そんなことを宣伝文句にするのはどうかな?なんて思ってしまうのですが、大滝さんは
紛れもなく「一枚の葉っぱ」を手に入れて、なおかつ 『こだわり』続けた人であろうと思うのです。

そうして、それが『非常に個人的なもの』と言っているのが、やっぱりと思うところです。人に見えない孤独な葛藤があったのだろうと。。

そうして 「コンサートの反対極限をめざしたい」と。リスナーと直に、リスナーの聴き方の自由を何よりも尊重するのが、今、よく見る 「教祖と信者だけが集まる空間」のようなコンサートで稼ぐ方達と、明確な一線を感じます。

この方達は 「一枚の葉っぱを手に入れたんだなあ」と私は持ってしまいますが、本人にとっては、大滝さんの言われたように 「途中、途中の答えが見つかった」ようなものなのかもしれない。
だから、続けていく。

「一枚の葉っぱ」を手にしたと思うのは、他者であって 本人ではないのかもしれない。本人が手に入ったと思った瞬間にその人は止まってしまうのかもしれませんね。



(引用開始)

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ
人と関わるということ -三種類のディスコミュニケーション
2014/04/06 Sun. 12:55
http://mainennetaro.blog.fc2.com/blog-entry-438.html

人の意識が開けるところ、関心や目的ができ、そこに意味や価値が生まれ、無数の物語が走り出す。そうして初めて、世界は像を結び、人生は明確な姿を現す。

人間が生きるということは、物語を生み出すということである。関心や目的が強ければ強いほど、物語も肥沃になり広大に展開してゆく。物語の密度が濃ければ濃いほど、「今」という時間の流れもまたはっきりと意識のうちに表れてくる。

他人とは、自分と異なる一つの意識存在であり、そこには僕の知らない物語が開けている。他人と関わるということは、他人の物語と自分の物語とが響き合い、絡み合うということである。

いわゆる「人間関係」の99.9%は、情報や知識の伝達ではなく、物語の響き合いによって為される。目的や思い出を共有しない人同士が関わり合うことは不可能である。

人に対する恐怖心、支配欲、羞恥心、媚び諂いなどがあれば、物語はアンバランスとなり、あるいは物語同士の戦いとなり、自然な調和ではなく、不協和音となる。これが一つ目のディスコミュニケーション。

物語の響き合いに飢え、物語の響き合いそのものを求めると、最も響き合いやすい最大公約数的な定型物語(愛、欲求、力、金、etc...)に訴えるようになったり、既に確立された大きな物語(宗教、文化、社会、仕事、学業、etc...)に自ら巻き込まれてゆくようになる。そして自分固有の内発的な人生は失われる。これが二つ目のディスコミュニケーション。

一方、死の観念がもたらす虚無と匿名性は、創造と生産のエネルギーを枯渇させ、関心や興味の感情を殺ぎ、あらゆる意味や価値を無効化すると共に、生きようとする意志が描き出すはずの物語を消失させる。パースペクティヴは失われ、世界は像を結ばなくなり、断片化する。

自分の物語が無くなれば、他人の物語と響き合わなくなる。響き合わなくなると、他人の存在そのものが消えてゆく。これが三つ目のディスコミュニケーション。

(引用終わり)


「自分の物語が無くなれば、他人の物語と響き合わなくなる」

以前、人間は、自分の独自性、唯一無二であることを求めていて、独自性は他者が担保する。自分の内部での変化は、残念ながら、他者によって発見されることでしか、認めてもらえない。だから、なんにしろ他者を求めるんだろうと思ったのですが、もっと素敵な言葉がありました。

「自分の物語」


自分の物語を、持たない人が増えたようにも思えます。マスコミも学校も 同一の情報を流し、方言も、年配の方からしか聞けなくなってきましたし、料理も、あの化学調味料が出てから、どこでも同じ味になったと森繁久弥さんも書いていました。 

でも本当にそうでしょうか?自分の物語は作れなくなったのでしょうか?

自分が忙しく求められているのは、自分が今いる役割、立場だからで自分でなくともいい。そういうような焦燥というのは、自分だけの独自性を求められたいと思うからではないでしょうか?

中高生のカップルを見ても、確かにモテる子はみんながあの子は可愛いと思うんでしょうけど、好みは意外とそれぞれです。

結婚しているカップルを見れば。。(以下省略)

独自性はまだまだあるし、自分の物語も作れるのです。

でも、好み、嗜好の段階の独自性では、きっと 「一枚の葉っぱ」は、遠ざかるのでしょう。

老大家やら「壇」ではありませんが、「わからないから認めない」とか「嫌いだから無視する」ではなくて、「嫌いだけど評価する」「わからないから調べてみる」とか、自分の幅を広げるようにしていかないと、いつのまにか死んでいるものたちに取り囲まれて 止まってしまうのかもしれません。


時間と人間とか、
ますます、生きにくくなりそうな社会で、どうやって生きていったらいいのか?
を、考えています。

会社とか、学校で、「ここは、自分にあわない」「ここは本来、自分のいる場所じゃない。苦しい」というのは、よくあります。

じゃあ、社会全体が 「ここは、自分のいる場所じゃない。居場所がない」になってしまったら、どうなるのかということです。

そういう場合、別の場所に移ることができないのなら、別の場所でも同じか、もっとひどい社会だったら、めざすものは、「生き続けること」です。

「自分を出そうとしなくても、見た感じを逃がさぬように心掛けてゆけば、その都度違う表現になって、いつの間にか一枚の葉っぱが手に入る」

を、求め続けることでしょうか?


戦争中に 軍部に協力した出版や文学者が、戦後に糾弾されたり苦しんだりということがありました。 確かに、嬉々として従った人もいたんでしょうが、協力していたことを恥じて苦しんでいた人も多数いたようです。

小林多喜二の例もありますが、逆らえば 拷問や死となれば、誰だって、ビビリますよね。


作家の小林信彦さんは、週刊文春に連載しているエッセイで、何度も 「特高」の怖さを書いています。

小林さんの家は日本橋の和菓子屋さんで、商人同士が、小さい声で戦況がよくないことを話したり、家内で話したりしても、突然
特高だか憲兵だかが来て
「ご同行願えませんでしょうか」
と、連れて行き殴られたり、傷をつけられて帰ってきた。


と、書かれています。

今は、ネットでも盗聴でも、傍受でもいろいろありますから
精度はもっとだと思います。 でっちあげという古典的な方法も
さらに巧妙になっているでしょう。







(引用開始)



不条理に対処するための人間の感情は「悔しさ」で、これを持ちこたえることが「我慢」なのだと、私なんかは思っている。私は、もしかしたら、人が「悔しさ」を持続させることを放棄しているからではないかと思う。「悔しさ」を支える体力がないから、すぐに折れてしまう (橋本治という考え方』/橋本治)
http://showhyuga.blog.eonet.jp/blog/2009/04/post-f4b1.html


(引用終わり)


とても一枚の葉っぱが手に入る高みにはたどり着けないかもしれないですが、そして、ネットの世界も、息苦しくなってはいますが、
そういう社会では こだわりを持って「生き続ける」ことに意味があり、その「不条理な社会での悔しさ」を忘れないでいる人が
たくさん生き残ってこそ 社会を変える力になるのだと思うのです。 


こんな世の中で、止めることもできず、何をやっていいかわからない。 すごーい無力感、脱力感。次の世代への申し訳なさとかいろいろです。
でも、「生き延びていれば、悔しさを忘れずにこだわって」いかなければ、この不条理が当たり前になり、次の世代になっても社会を変えられなくなる。

そうやって、こだわり続けていった人同士が、お互いの物語を尊重し、ディスコミュニケーションに陥らない人間関係を結べるのだと思うのです。



(引用開始)

大瀧詠一お別れ会、はっぴいえんど3人が弔辞「またね」
ナタリー 3月21日(金)18時4分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140321-00000046-natalien-musi
杉真理さん
「いろんな困難にぶつかっていっても必ず大瀧さんはユーモアで乗り切っていたような気がします。一番、大瀧さんから教わったのが『好きなことをやるのが最終的には残っていく』っていうことですね」とコメント。大瀧にかけたい言葉は?と聞かれると「僕を仲間に入れてくれて本当にありがとうございます。光栄です」と話してくれた。





10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ
どうやって生きていったらいいのか
2014/04/01 Tue. 23:52
http://mainennetaro.blog.fc2.com/blog-date-20140401.html

思ったことをダイレクトにブログに書いたりするのが一番自分に合っていると思う。「この小屋の半分は死の観念でできている」なんて言っても誰も聞いてくれないが、ブログなら書ける。

あぁそういえば、ブログを書くのは結構楽しみにしている。

(引用終わり)


ブログなら書けるならブログでもいい。
好きなことをやりながら、「悔しさ」を忘れないでいてくれればいい。
沈黙するしかなくなってもいい。 
不本意なことを書かなければいけなくなったとしても、
「悔しさを忘れないことにこだわってくれればいい。 
生き続けることです。
悔しさを忘れずに、生き続けて欲しい。

たくましくもない自分にも言いきかせてます。


では、また。。







https://mobile.twitter.com/ni_shi_king/status/444863584615399424?p=v
にしきんぐ
@ni_shi_king
観客の声に反応するデスペさん。http://t.co/rhO2LQvqSc


posted by デスペラード at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/394140085
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。