2013年05月11日

遺伝子・・・それは、生命の記憶 

https://mobile.twitter.com/kenkatap/status/331578081326280704?p=v
ken @kenkatap
「伝説のアトランティス」あった? しんかい6500、花崗岩を発見【サンビズ 
http://t.co/dOXvXYjRke▼ ブラジル・リオデジャネイロ沖で、陸地でしか組成されない花崗岩が見つかり、大西洋上に大陸があったことが判明したと、海洋研究開発機構とブラジル政府が6日発表


https://mobile.twitter.com/desupehannari/status/331581873262305280?p=v desuperado @desupehannari
↑何がアトランティスじゃ。花崗岩。ウラン資源が見つかりましたnewsじゃねーか。核燃料じゃねーか。




原発輸出のキチガイnewsとピンポイントでござる。
実際に使える云々の話とかには、進んでないかもしれませんが、
実際に花崗岩でたの?とかも思ってみたり。
とりあえず、ちょっとしたプロパガンダnewsもイライラを隠せない、今日この頃です。





さて今回は、分かりやすさとかを求めてみたら、ただただ妄想がゆんゆんが強くなったナァ 的な更新どすえw
余計に分かりづらくなった気がするおw

それと、タイトルは、もう一つ考えていた。
「ウランと癌細胞とリトマス試験紙」

イロイロと混ぜ過ぎたwww








ウランが資源として計算が出来るくらい取れる地域は、
岩山で周りは砂漠じゃねーか!?
ピカの毒は、禿げたよね。

ウランは、物質として反応性がよく、固体の場合、空気中の酸素によって発火する。またウラン単体を水に投入すると、ウランは水から酸素を奪って、水素ガスを発生させる。

核反応の結果が放射性物質の生成。


ええと・・・


地球を一個の生命体としたら、

ウラン=癌細胞

地球が太陽から受けたエネルギーの有害部分を蓄積したもの。と、仮定。

花崗岩や頁岩などがある礫岩群を上麻生礫岩と呼び、それらは、硬く、振動に強い。
ソコにウランがある。
有害物質を地球が閉じ込めてくれている。


それを 掘り出して、燃やした。

http://desuperado.seesaa.net/article/359961961.html?1368078107
毒素をコンクリートのように細胞で固めて、
全身から隔離して全体を守っているのがガン細胞の正体。
これを三大治療で強制破壊すると
毒のカプセルが炸裂して毒素が全身に拡散する。



太陽の活動は、核融合。

核技術の最終目標は、人工太陽。

宇宙の原理やビッグバンを探るとか言ってますからね。
(そのまま太陽のエネルギーを調べるとか作るとかも言ってたっけ?)

まぁ 紫外線って何?でいいかw

勿論、地球上に住む生命体にとって、太陽エネルギーは、必要不可欠。
紫外線は、ダメなんつー今のプロパガンダはクソ。
身体には、自己修復とゆーか、必要なモノと必要でないモノを分ける能力がある。

ただ、何でもやりすぎに注意。
細胞がオーバーヒートしますからね。


機械は、動かし続ければ、熱を帯びる。
休まず使い続ければ、壊れていく。
許容を超えた電気を流せば、一瞬で壊れる。


身体が熱を帯びるのは、どんな時だ?

身体を動かし続けた時、激しい運動をした時。
息が上がる。
身体が上手く動かせなくなる。
どこか壊れちゃいけないから、身体が勝手にセーブをする。

身体が熱を帯びる時。
それは、病気になった時。

癌は、身体が酸化する。

ふと、思った。
身体は、必要なモノと必要でないモノの区別は、蓄積してきた遺伝子の記憶だが、
必要でないモノに関して、その取り扱いに差があるのかな?って。

多分、そんなに無い。
異物いらねっ!かき集めて、外に出すっ!
くらいの共通認識のように思う。

何が言いたいかとゆーと、異物を集める際は、常に酸化が強くなる。
免疫機関である白血球は、酸素を使い酸化する。
まぁ、オキシドールの過酸化水素は、ソレなんだが。

血液って、赤いよね。
赤いモノで連想するものって、火だよね。
燃える現象を酸化と呼ぶ。

命の火を燃やす は、そのまんまの意味だ。
僕達の身体は、静かに燃えているんだ。

酸化をする、熱を上げる、不要物を排除する。
命には、限りがある。
個々として、その命を燃やして自己修復する能力には、差がある。
燃やせる回数の絶対数は違う。
多少の変動なら、底上げも底下げも出来る。


地球の地下マグマも燃えている。
噴火は、血液の流出のようにも見える。
地球の生命活動で、それは、自己修復機能にも映る。
そこには、いろんなものが詰まっていて、栄養もあれば、毒素もある。

人の身体がいらないモノとして排出するものは、植物の栄養になったりする。

おしっこは、時間が経つとアンモニア臭がしますね。
尿は、通常 弱酸性らしいが。

異物を集めるのに、酸化が強くなる。
異物の排出には?切り離しには?
アルカリだろう。
中和 までではなく 酸を弱める為に。


それが、骨髄 肝臓 腎臓 の中での血液の排毒作用の流れ。


アルカリといえば、海水。
ミネラルは、アルカリ性。
コンブなどの海草なんかも、そーだね。
大地で取れる穀物では、大豆がアルカリ性だね。
ナガサキ1945の話、ピカの毒に対する食事療法。

被ばく。
異物である、放射性物質は、放射線を放つ。
あの長い半減期とは、何だ?

そこに異物がずっといる と細胞が反応する。
そこに異物が沢山いる と細胞が反応する。

異物を集める為に、酸化をする。
その作用がオーバーヒートを起こす。
大量に浴びたなら、一瞬で燃え尽きる。
精一杯な自己修復機能であり、
酸化現象の暴走。





少し、気象の話を排毒作用と合わせてゆんゆん話をしよう。


今、このシマの上空は、放射能で覆われている。
トリチウムは、放射能は、気温を上昇させる。
イオン指数がどーとかあるが、アレは酸性とアルカリ性を測る指数だ。

ほんの少しの放射性物質が大気に触れると、酸性化する。
気温の上昇、熱を帯びるという事。
それが、大量に触れたなら、どーなるか。
人の排毒作用と一緒に見える。
一気に気温が上がり、そして下がる。

人の身体は、リミットオーバーを超え続ければ、死ぬ。

地震は、活断層でマグマの動き。
地球の体温が下がってきたならば、いや、毒素を感じているならば、熱を放出するはず。

戦闘機によるケムトレイル。
アレは、まちがいなく上空の放射性物質を落とす為に雨を降らせている。
東北、関東で多いとは、そういう事だ。
ただ、メインがソレというだけで違う事(BC兵器、病原体散布)も実験出来る。

現代の詐欺が行う最新医療、ガン治療。
それは、排毒作用の動きを止める事。
そして、身体が行う毒素を集めたカプセルを破壊する事。

奴等が行う事は、すべてソレに要約出来るが、
一昨年、去年の暑さ。
今年の寒さ。
データを取っている。

気温の上昇による地震の頻度、火山の動き。
気温の下降による地震の頻度、火山の動き。

放射性物質による地球の酸化。(気温の上昇)
酸化を起こした後のアルカリ化。(気温の下降)

地球の自己修復機能マグマを使った壮大な酸化。
大地震、活火山。

星という生命体の管理は、壮大なキチガイ浪漫だわな。
狙ってるんだろ?

今の状況がドコまでなのかは、分からない。
が、これ以上のこのシマでの放射能の発生(もしくは現状の状態)は、マグマの大爆発を意味すると思う。



はい。

異常気象については、変わらず誠天サンが追っかけている。
こっちを出す方がイイですねw


●誠天調書  2013年05月08日
○フクシマインパクト 電荷してエアロゾルと化した放射性物質の大量拡散による気象への影響
http://t.co/ZX9wcRuEJM




フロンガスを二酸化炭素をワルモノにした核ビジネス。
寒冷化、フロンガス、オゾン層の破壊。
フロンガスといえば、冷蔵庫。
冷蔵庫の原理、寒冷化。

物質は、固体、液体、気体と形状を変える。
その形状を変える時は、必ず熱を生じる。
冷える原理は、液体から気体に変わる時、気化熱を奪っていくから。

気体、液体の状態を繰り返して気化熱を凝縮熱を運ぶ冷媒。


冷蔵庫
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%B7%E8%94%B5%E5%BA%AB


固体、液体、気体の形状変化。
液体から気体へ移行時に熱を奪う、冷える。

雨、雪、、、雲。
冷媒が放射性物質になっているのは、間違いない。

冷蔵庫の冷媒 フロン、アンモニアなど。
アルカリ性だ。

オゾン層は、酸素と紫外線が作ったもの。


http://t.co/ZX9wcRuEJM
ならば
 ナトリウムと同じ反応性をしやすく 水との反応性が極めて高い「放射性セシウム」も
 充分に オゾン層の破壊の原因の物質 と成り得る
と考えない方が むしろオカシイと思うんですけどね。

ttp://sekken-life.com/life/housya02.htm
放射性セシウム(セシウム134、セシウム137) 

セシウム(Cs)は、ナトリウムやカリウムなどと同じアルカリ金属です。
原子炉内でセシウムは、金属として存在していますが、
水との反応性が非常に強く、空気中に放出されると、水蒸気と反応して、水酸化セシウムに変わります。




地球の歴史。
地球の記憶。



話を戻す。

遺伝子は、細胞一つ一つの生命の記憶、繋がってきた記憶。
放射線は、これを破壊する。

放射能を浴びるとアルツハイマーを誘発する。
記憶がボケる、そのままだね。
記憶障害を起こした遺伝子は、突然変異を生む。

遺伝子は、記憶装置。
記憶装置は、プログラム。



http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/92991/m0u/
シーケンス【sequence】

1 連続。連続して起こる順序。
2 映画やテレビで、一続きのシーンによって構成される、ストーリー展開上の一つのまとまり。「六シーン二三カットの―」
3 機器を自動制御する際の、あらかじめ設定しておく動作の順序。
4 カリキュラム編成において、教科内容の段階的学習の順序。→スコープ
5 トランプで、数が連続する同種の3枚以上のカード。





https://mobile.twitter.com/desupehannari/status/332399253546733569?p=v
desuperado @desupehannari
共通番号法案が衆院通過(時事通信) - Y!ニュース

http://t.co/fQGx63jQQX


現状のマイナンバー制度で起きる事は、絶対的なカネの巻上げの強化。
人頭税。
そして、それは様々なモノに派生していく。



●velvetmorning blog
○共通番号制が衆院で可決 米国では情報漏れが続出し、被害総額が3年間で5兆円!! ― 2013/05/10

http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/05/10/6806013


https://mobile.twitter.com/860masjp/status/332360253381431296?p=v
Masa.D @860masjp
マイナンバーを忘れ不便⇒マイカードを落とし情報流出が問題に⇒マイクロチップは便利ですよ〜♪の流れだろうか。RT @lilryanti: マイナンバーの次はマイクロチップ埋め込みかな。


https://mobile.twitter.com/desupehannari/status/332400876465582080?p=v
desuperado @desupehannari
んで、電磁波。スマホの経由。電脳系。開発してんのは、モトローラ作った奴等ですぞ。携帯の機能がクソすぎるモトローラを10代の頃に友人が「お洒落」といってみせびらかされたなw デザインは、機能があってこそだろ。機能の為にデザインがあるんだろ、と言い返してたオレに友人は少ないw

https://mobile.twitter.com/desupehannari/status/332427418772062209?p=vdesuperado @desupehannari
マイナンバーの延長は、電脳系。それは、優生学。ガンダムシードのデステニィーズ・プラン みたいなモンですわなw キモチワリーw 生まれてから死ぬまでしっかり超強制の統制管理鬼畜牧場。インチキな優性因子の遺伝子と劣性遺伝子と。狂四郎もそんなんだったな。



嘘つきの家系は、嘘つきだ。
嘘つきの部分は、何に置き換えてもいいですよ。
嘘つきの遺伝子は、嘘つきだ。
嘘つきの部分は、何に置き換えてもいいですよ。



●誠天調書 2012年07月29日
○マイナンバー制度によって赤子の頃から選別を、家畜の如きに。
http://mkt5126.seesaa.net/article/283835563.html

●誠天調書 2013年05月03日
○神経倫理の話 と 情報工作と人民統制の話

http://mkt5126.seesaa.net/article/358607590.html





前から書いてるように、遠隔操作をするには、誘導場がいる。
皆が持っている電磁波発生装置は、携帯電話。
よりハッキリ操作をするならば、体内にも仕掛ける。



https://mobile.twitter.com/tutinoue/status/332434325758963713?p=v
ばぜどん @tutinoue
日立、世界最小ICチップ・縦横0.05ミリメートル 2007/02/13  体内にICタグ埋め込みますか? 防犯・管理に一役 2007/02/07  

http://t.co/P9W4i89JtW



放射能、電子が増えたこのシマでは、実験の幅が広い。






プログラム、自動制御。

遺伝子・・・それは、生命の記憶 それは、シーケンス



○エイプリルフール、、、否 エブリデイフール   モンサントと遺伝子組み換え と 電脳系
http://desuperado.seesaa.net/article/353586905.html


イルミナ株式会社
http://www.illuminakk.co.jp/company/history.ilmn

テクノロジー
イルミナのコアとなるテクノロジー、アッセイ、システムおよびソフトウェアは下記の主要なアプリケーションをサポートしています。

SNP ジェノタイピング: ゲノム配列に存在する多様性を検出する手法
遺伝子発現プロファイリング: ある細胞、そして細胞集団においてどの遺伝子が活性化されているかを調べる手法
エピジェネティクス: 遺伝配列機能におけるプロファイル変化をもたらすプロセス
プロテオミクス: 細胞にどのプロテインが存在し、どう相互作用するかを決定するプロセス
イルミナのコアテクノロジー

BeadArray テクノロジー: 高密度マイクロアレイを可能にする全く新しいアプローチ
シーケンステクノロジー: 低コストと高い拡張性を可能にした大量同時並列で行うシーケンス手法
VeraCodeテクノロジー: RNA, DNA, プロテイン解析をマルチプレックスで行うシステム
Oligator テクノロジー: 高品質なイルミナ製品のもとになるオリゴ製造テクノロジー
アッセイテクノロジー: 高いパフォーマンスと特異性、優れた結果をもたらす強固なアッセイケミストリー
リアルタイムPCRテクノロジー: 定量PCRアプリケーションに低コスト&高パフォーマンスをもたらす革新的なアプローチ



イルミナのシーケンサーは、ゲノム解読を。
アプリケーションの中に、「遺伝子制御」というのもある。

細菌学、医薬界、遺伝子学の根底にあるものは、優生学。
そして、そこでは、作られた「突然変異」が金の卵を産んでいた。


○バイオ兵器「エイズ」を巡ってエトセトラ 〜ファイザーとGEヘルスケア 多国籍製薬メーカー〜
http://desuperado.seesaa.net/article/356028523.html?1366283026
○バイオ兵器「エイズ」を巡ってエトセトラ その2 〜脳炎 ギランバレー インフルエンザ〜
http://desuperado.seesaa.net/article/356426124.html?1366485401
○バイオ兵器「エイズ」を巡ってエトセトラ その3 〜コッホの原則の破綻〜
http://desuperado.seesaa.net/article/356879794.html
○バイオ兵器「エイズ」を巡ってエトセトラ その4  〜遺伝子学とRNAウイルスとグラム陰性菌〜
http://desuperado.seesaa.net/article/357719346.html
○バイオ兵器「エイズ」を巡ってエトセトラ  その5 〜遺伝子学の年表と中間まとめ〜
http://desuperado.seesaa.net/article/358509666.html?1367592694
○バイオ兵器「エイズ」を巡ってエトセトラ  その6 〜エイズの原理、その土台〜
http://desuperado.seesaa.net/article/358589252.html



イルミナ カンパニーニュース  2012/1/27
http://www.illuminakk.co.jp/company/news_release/pr20120127_1653665_j.ilmn
イルミナ取締役会 ロシュによる敵対的買収を審議の予定
株主には、審議の間、いかなる行為もとらないよう勧告します。
2011年第4四半期および2011年度の本決算の報告ならびにカンファレンス・コールを延期
なお、決算については、先日発表した2011年第4四半期および2011年度の非監査業績と概ね同じであることを再確認


イルミナ カンパニーニュース 2012/3/19
http://www.illuminakk.co.jp/company/news_release/pr20120319_1673779_j.ilmn
イルミナ、最終的な委任状勧誘資料を提出し、株主に手紙を送付
株主に対し、投資価値を保護するため、ロシュの敵対的買収提案を拒否することを強く要請。
イルミナの十分な適格性を持ち合わせた取締役を再選するため、白紙委任状の提出を推奨。






タミフル、ギリアドな「ロシュ」のイルミナへの買収提案。


イルミナは、理化学研究用の機器の販売を。
主要顧客 は、大手製薬メーカー、主要大学及び国公立研究機関。



理研と産総研のイメージで。

開発→転売  産業の流れ。

国家プロジェクトなんてのは、言い換えれば、財閥プロジェクト。
国民の税金を使い、研究開発をし、商品化の時に民営化する。

勿論、税金だけじゃなく「国家の権限」とゆーヤツ。
国を信用(担保)にすれば、どれだけのカネを巻き上げられるのか、とゆーお話。

カネの塊のお仕事は、パンデミックを造る事。
企業は、出来上がった技術を小出しにする。

カネの塊は、違う企業を経由しながら(事業を売りに出す)、カネと技術を膨らませながら、戻る。
企業が違ったって、株主などの中のヒトは同じ。




このような買収問題が起きる時、それは、資金をより集める為の口実に。
そして、開発された技術が出回り、転用される事も意味する。

ロシュの買収問題中、イルミナのプレスリリースでは、Macrogen社の投資が増えた。(他にもイロイロあると思うが)
Macrogen社は、韓国ソウルを拠点とする企業。
韓国は、多国籍企業に外資に完全に喰われている。
分かりやすすぎるところからの資本提供、投資。

そして、こんな話も。


イルミナ カンパニーニュース  2012/4/14
http://www.illuminakk.co.jp/company/news_release/pr20120424_1686310_j.ilmn
イルミナが iPadレジスタードマーク 対応 MyGenomeレジスタードマーク アプリを発売


今までに類のないヒトゲノム視覚化ツール
2012年4月24日サンディエゴ(BUSINESS WIRE) -- イルミナ・インク(Nasdaqコード:ILMN)は本日、App Store(SM)で99セントで購入できるiPad対応MyGenomeアプリケーションの発売を発表しました。イルミナのMyGenomeアプリには遺伝子データの探索と学習を目的としたシンプルでわかりやすい教育用インターフェースが使用されており、これを通して実際のヒトゲノムを探索し、重要な遺伝子多型に関するレポートを表示できます。

「遺伝子情報を使用することで医療の精度が高まるという未来像を描いているイルミナは、シーケンステクノロジーの第一人者であるという事実から見ても、ゲノム探索用の主流ツールに対する関心を呼び起こすという役割を担うべき立場にあります」と、イルミナの社長兼CEOであるJay Flatleyは言います。「MyGenomeアプリは、ヒトゲノムにある遺伝子多型について、現時点でどれだけのことがわかっているかをグラフィックを通して情報にアクセスし、学習できる素晴らしい教育ツールです。この最初のバージョンをご使用になることで、遺伝データに関する理解とコミュニケーションを改善するために医師が患者とともに使用できる臨床ツールとして当社がどのようなものを考えているのかを体感していただけます」。

MyGenomeの主な機能には以下のものが含まれます。

ゲノムマップ - 染色体を確認し、さまざまな領域に位置する遺伝子多型がどのようにして健康影響や生物学的形質につながるかを可視化する機能です。個々の遺伝子、その位置および生物学的な影響を表示できるほか、ゲノムシーケンスのどこがどのように標準のヒトゲノムと異なるのかを可視化できます。イルミナのJay Flatleyは、教育目的で標準ゲノムと比較される最初の個人ゲノムとして自分のゲノムを提供しています。
ヘルスカード - 遺伝的に決定される疾患や素因ならびに保因状態を探索することを目的とする機能です。ユーザーはさまざまな遺伝子多型についてそれが健康上のリスクにどのように関与しうるのか、子供に遺伝する可能性があるのかを確認できるほか、ゲノムの変化が薬物反応にどのように影響しうるのかを調べることができます。
レポート - 250を超える疾患に関連する遺伝子多型について、それによって生じうる健康影響を調べる機能です。このレポートを見ることで、遺伝子情報が今後どのように提供されるようになり、医療従事者がヒトゲノムを解釈し理解するためにその情報をどのように使用するようになるかがわかります。





↓は、2012/3/19のプレスリリース。
ロシュの買収問題により、取締役会の変更を求めて、それにイルミナが株主に対して現行の取締役会を推薦していた。


http://www.illuminakk.co.jp/company/news_release/pr20120319_1673779_j.ilmn

取締役会は引き続き、イルミナの株主の皆さまの最善の利益を代表することを約束します。

イルミナは、来る年次株主総会において、当社の十分な適格性を持ち合わせた経験豊かな取締役をイルミナの取締役に再任するため、株主の皆さまのサポートを必要としています。

A・ブライアン・ボウマン(A. Blaine Bowman)は、2007年1月から当社の取締役を務めています。ボウマン氏は、以前は、2011年にサーモフィッシャー・サイエンティフィック社(Thermo Fisher Scientific)が買収したダイオネクス社(Dionex Corporation)の会長、代表取締役、最高経営責任者(CEO)および取締役を務めていました。ボウマン氏は、2002年にダイオネクス社の社長兼CEOを退任し、また、2005年に会長兼CEOを退任しました。ボウマン氏は、ダイオネクス社に加わる前は、マッキンゼー・アンド・カンパニー社(McKinsey & Company)の経営コンサルタントおよびモトローラ社(Motorola)の半導体製品部門のプロダクト・エンジニアを務めていました。ボウマン氏は、現在、プロテインシンプル社(ProteinSimple)(旧セル・バイオサイエンス社(Cell Biosciences))の取締役を務めています。以前は、2007年にイルミナが買収したソレクサ社(Solexa)の取締役、また、2007年にモレキュラーデバイス社(Molecular Devices)が買収されるまでは同社の取締役を務めていました。ボウマン氏は、この業界で非常に高い評価を受けているベテランであり、そのリーダーシップ経験および非常に専門的な製造工程に関する知識により、当社取締役会に有益な視点を提供しています。

カリン・イーストハム公認会計士(Karin Eastham, CPA)は、2004年7月から当社の取締役を務めています。イーストハム氏は、現在、医療業界の企業に対して、コンサルティングおよび経営者のためのコーチングサービスを提供するほか、アミリン・ファーマシューティカルズ社(Amylin Pharmaceuticals, Inc.)、ジェロン社(Geron Corporation)、トリウス社(Trius, Inc.)といったライフサイエンス企業の取締役会のメンバーも務めています。イーストハム氏は、また、2011年にノバルティス社(Novartis)が買収したジェノプティックス社(Genoptix, Inc.)の取締役も務めました。イーストハム氏は、以前は、バーナム医学研究所(Burnham Institute for Medical Research)の取締役副社長、最高執行責任者および評議委員会のメンバーを務めていました。1999年から2004年にかけて、イーストハム氏は、ダイヴァーサ社(Diversa Corporation)の財務担当上級副社長、最高財務責任者および秘書を務めていました。また、以前には、コンビケム社(CombiChem, Inc.)およびサイテル社(Cytel Corporation)においても同様の役職に就いていました。さらにその以前、イーストハム氏は、ベーリンガー・マンハイム社(Boehringer Mannheim Corporation)において、財務担当副社長を含むいくつかの役職に就いていました。イーストハム氏の企業財務会計の専門知識および重要な臨床経験を含む専門知識の深さと幅広さは、取締役会が当社の長期的成長に関する戦略的決定を行ううえで役立っています。

ジェイ・T・フラットレー(Jay T. Flatley)は、1999年にイルミナの代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)に任命されました。フラットレー氏は、2000年に130万米ドルであった当社の売上高を、2011年には10億米ドル超へと伸ばしました。フラットレー氏は、2006年のソレクサ社(Solexa)の買収に伴う当社の全ゲノムシーケンス分野への進出、また最近では、診断およびコンシューマーシーケンシング分野への進出において、統括責任者を務めました。フラットレー氏は、1994年から、1998年にモレキュラー・ダイナミクス社(Molecular Dynamics, Inc.)(ナスダックに上場している、遺伝子の発見および解析に取り組むライフサイエンス企業)がアマシャム・ファルマシア・バイオテク社(Amersham Pharmacia Biotech Inc.)に買収されるまで、同社の共同創設者であり、社長、CEOおよび取締役を務めました。フラットレー氏は、イルミナの成功にとって欠かすことのできない存在となり、過去13年にわたり、当社の戦略および経営の推進に貢献してきました。

ウィリアム・H・ラステッター博士(William H. Rastetter, Ph.D.)は、1998年11月から当社の取締役を務め、2005年1月からは当社取締役会長を務めています。また2006年から、ベンチャー投資会社であるベンロック社(Venrock)の共同経営者をしています。2005年の終わりには、バイオジェン・アイデック社(Biogen Idec Inc.)の取締役会長を退任しました。ラステッター博士は、2003年のバイオジェン社(Biogen)とアイデック・ファーマシューティカル社(IDEC Pharmaceuticals Corporation)の合併以来、この役職を務めていました。また、1986年にアイデック社(IDEC)を設立し、2003年まで同社のCEOも務めていました。現在、ラステッター博士は、ニューロクライン・バイオサイエンス社(Neurocrine Biosciences, Inc.)の会長、レセプトス社(Receptos, Inc.)の会長、およびフェイト・セラピューティクス社(Fate Therapeutics, Inc.)の会長も務めています。ラステッター博士は、急成長を遂げているバイオテクノロジー・ビジネスを統括管理した豊富な経験を持ち、また、過去14年にわたり当社の取締役として、イルミナに多大な貢献をしてきました。さらに、ラステッター博士は、リツキサン(Rituxan)などによる、この業界で最も成功を収めたターゲット療法の開発および発売にも貢献しました。


イルミナ カンパニーニュース 2012/4/18 
http://www.illuminakk.co.jp/company/news_release/pr20120418_1684471_j.ilmn
イルミナ、2012年年次株主総会での投票暫定結果を発表

株主は取締役候補者4人全員を再選、ロシュ提案をすべて拒否

ーーーーーーーーーーーーーーーー

IVSアソシエイツ・インク(「IVS」)は、社外の検査役であり、双方の当事者から受け取った委任状を集計し、暫定的な集計報告を出します。IVSが最終集計について認証すると、当社が最終結果を発表いたします。

ゴールドマン・サックス・アンド・カンパニー(Goldman, Sachs, & Co.)およびBofAメリル・リンチ(BofA Merrill Lynch)は、イルミナの財務アドバイザーとして、また、デューイ&ルブッフ・エルエルピー(Dewey & LeBoeuf LLP)は法務アドバイザーとして活動しています。








結果はご覧のとおり。
イルミナの代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO) ジェイ・T・フラットレー の経歴を見ると、

>フラットレー氏は、1994年から、1998年にモレキュラー・ダイナミクス社(Molecular Dynamics, Inc.)(ナスダックに上場している、遺伝子の発見および解析に取り組むライフサイエンス企業)がアマシャム・ファルマシア・バイオテク社(Amersham Pharmacia Biotech Inc.)に買収されるまで、同社の共同創設者であり、社長、CEOおよび取締役を務めました。

コイツが技術の拡散を、企業の買収問題を。
さっき書いたね。

>カネの塊は、違う企業を経由しながら(事業を売りに出す)、カネと技術を膨らませながら、戻る。
企業が違ったって、株主などの中のヒトは同じ。


ダイナミクス社というと、軍需産業のジェネラルダイナミクスが出てくる。
原潜を作ったりとか。
現在、アメリカ国土安全保障省が行う非公開で行うソーシャルメディアの監視プログラムの運用を。

○ラムズフェルドの経歴とか製薬とかキタチョープロレスとか
http://desuperado.seesaa.net/article/354982284.html



モレキュラー・ダイナミクス社で検索をすると、バイオテクノロジー(遺伝子学)。
放射線を使った研究で、よく提携をしてるようだ。
日本アイトソープとかね。

ま、ダイナミクスとゆー奴が、核の中にあって、マサチューセッツ工科大学の流れにあるようだ。

遺伝子の制御と精密機器の制御、マイナンバーの流れがなんとなくでも見えてくるような感じだね。

アマシャム・ファルマシア・バイオテク  これは、↑で出したラムズフェルドの背景と↓を。
ジェイ・T・フラットレー は、スタンフォード大学に関連が。フーヴァー戦争・革命・平和研究所、関係あるだろなw


○バイオ兵器「エイズ」を巡ってエトセトラ 〜ファイザーとGEヘルスケア 多国籍製薬メーカー〜 
http://desuperado.seesaa.net/article/356028523.html?1366291355





はい。

イルミナの役員は、他にもキニナル奴等ばっかりですが、
ニューイングランド核兵器に深く関与しているマーク・ルイスとか。

とりあえず、マイナンバーに直に繋がってくるだろうな部分を。(全部なんですが特にという感じで)

んで、ヤッホー翻訳でスンマセンw exciteの翻訳はマシだった記憶がありますが、ワタスのオンボロPCで翻訳かけると落ちるのでw


Mostafa Ronaghi, Ph.D.
Senior Vice President & Chief Technology Officer

Mostafa Ronaghi, Ph.D.
Senior Vice President & Chief Technology Officer

Mostafa Ronaghi, Ph.D., joined Illumina in August 2008 and is responsible for leading internal research programs and evaluating new technologies for the Company.

Mostafa is an experienced entrepreneur and was involved in the start-up of four life sciences companies. In 2007, Mostafa co-founded Avantome, a privately-held sequencing company. Before this, he co-founded NextBio, a search engine for life science data. In 2001, Mostafa co-founded ParAllele Bioscience, which was eventually acquired by Affymetrix, Inc., and was involved in the development and commercialization of highly multiplexed technology for genetic testing. In 1997, he co-founded Pyrosequencing AB, which was renamed to Biotage in 2003, and led the company to a successful initial public offering in June 2000 on the Stockholm Stock Exchange. Mostafa was a principal investigator at Stanford University from 2002–2008 and focused on the development of novel tools for molecular diagnostic applications. He serves on the board of directors of Microchip Biotechnologies, NextBio, and Aurora Biofuels.

Mostafa earned his Ph.D. from the Royal Institute of Technology in Sweden. Mostafa holds more than 20 pending and issued patents and has written more than 50 peer-reviewed publications in journals and books.

モスタファRonaghi博士
上席副社長と最高技術責任者
モスタファRonaghi(博士)は、2008年8月にIlluminaに加わって、内部の研究プログラムをリードして、社のために新技術を評価する役割を果たします。
モスタファは経験豊かな企業家で、4つの生命科学会社のスタートアップに熱中していました。 2007年に、モスタファはAvantome(非公開配列会社)を共同設立しました。 これの前に、彼はNextBio(生命科学データのための検索エンジン)を共同設立しました。 2001年に、モスタファはParAllele Bioscience(結局、それはAffymetrix社によって得られました)を共同設立して、遺伝子のテストのために非常に多重送信されたテクノロジーの開発と商業化に関与していました。 1997年に、彼はPyrosequencing社(それは2003年にBiotageに名前を変えられました)を共同設立して、ストックホルム証券取引所の上に2000年6月に会社を成功した公開公募に導きました。 モスタファは2002–2008からのスタンフォード大学の主任研究員で、分子診断用アプリケーションのための新しい道具の開発に集中しました。 彼は、マイクロチップBiotechnologies、NextBioとオーロラ生物燃料の取締役会に勤めます。
モスタファは、スウェーデンの王立工科大学から、彼の博士号を得ました。 モスタファは20以上の未定で出された特許を持って、ジャーナルと本で50以上の査読された出版物を書きました




Nicholas J. Naclerio, Ph.D.
Senior Vice President, Corporate Development

Nicholas J. Naclerio, Ph.D.
Senior Vice President, Corporate Development


Nicholas (Nick) Naclerio is responsible for all corporate business development activities, including strategic planning, licensing, corporate partnerships, and acquisitions.

Before joining Illumina in July 2010, Nick co-founded and was the Executive Chairman of Quanterix, an emerging diagnostics company based on a novel single molecule detection platform. Previously, Nick was Executive Chairman of True Materials and CEO of ParAllele BioScience, life science tools firms that were both acquired by Affymetrix, and was the founding Vice President & General Manager of Motorola Life Sciences. He also held leadership roles at Zyomyx Inc., Motorola Ventures, the Defense Advanced Research Projects Agency (DARPA), and the U.S. Air Force. Additionally, Nick has served on a number of corporate and institutional boards, including the SNP Consortium, Genometrix, Clinical Microsensors, Orchid Bioscience, and SEMATECH.

Nick received a B.S. (summa cum laude) in Electrical Engineering and Computer Science from Duke University, a Winston Churchill Fellowship in Materials Science to Cambridge University, and a Ph.D. in Electrical Engineering from the University of Maryland.

上席副社長、会社発展
ニコラスJ. Naclerio博士
上席副社長、会社発展
ニコラス(ニック)Naclerioは、戦略的な計画、ライセンス、会社協力と取得を含むすべての会社ビジネス開発活動に対して責任があります。
2010年7月にIlluminaに加わる前に、ニックは共同建って、相談役Quanterix議長でした。そして、新生の診断法会社が新しい一つの分子発見プラットホームに基づきました。 以前、ニックは、本当の材料の重役にふさわしい議長とParAllele生命科学(アフィメトリクスによって得られた生命科学ツール会社両方)のCEOで、モトローラ生命科学創立副社長とゼネラルマネージャーでした。 彼も、Zyomyx社、モトローラ冒険、米国国防総省高等研究計画局(DARPA)と米空軍でリーダーシップ役割を持ちました。 その上、ニックはSNPコンソーシアム、Genometrix、臨床Microsensors、ラン生命科学とSEMATECHを含むいくつかの会社で組織の委員会に勤めました。
ニックは、B.S.を迎えました。 デューク大学、ケンブリッジ大学へのMaterialsサイエンスのウィンストン・チャーチルFellowshipとメリーランド大学からElectrical Engineeringの博士号からのElectrical EngineeringとComputerサイエンスで(最優等の)。









イルミナ 経営陣
http://investor.illumina.com/phoenix.zhtml?c=121127&p=irol-govmanage


posted by デスペラード at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。