2013年02月23日

サイバネティックス 監視と輸送  メモ

NZ地震から2年経ちましたね。

丁度、おととい(21日)、このブログにコメントを添えてくれたところのIPアドレスを辿ってみたら、
NZで、先端研究プロジェクト庁 (ARPANET)ってのが。(まぁ、特定できないって出てるけどね)
http://www.ntunhs.net/cgi-bin/whois20_1.cgi


ソフトバンク、ヤッホー経由でつかね。
まぁ、いいんでつけど。

↓いつもすごいね。

●誠天調書 2013年02月20日
○誤差脱漏と帳簿外の米国債の帳尻を如何に合わせるか?のモスクワでの話し合いが、3月末の決算を前にして逃げられないニホンジンのコッカのニホンの一人負けで終わったという事で宜しいのでしょうか?

http://ord.yahoo.co.jp/o/realtime/SIG=11ak34mr3/EXP=1361714012;_ylt=A3JuMEvcyShR6HsAd.xol_p7;_ylu=X3oDMTIwOWNuYjAwBHBvcwMxMARzZWMDc3IEc2xrA3R3bHVybAR0d2lkAzMwNDM4MTIyNDM3MjI4NTQ0MQR0d3VpZAMyMzQ2NDg5NTU-/*-http%3A//t.co/f3im16b2sC



○アベウヨカルト内閣初の死刑執行
http://t.co/sxsQ8jaLyF


https://mobile.twitter.com/sihouhappou/status/304656491833593856?p=v
上下左右前後 @sihouhappou
誠天調書氏の「米国債と誤差脱漏」の話とデスペ氏の仰られた「ペーパーレス化」の話にリンクするわけじゃないのだけど、「電子マネー構想」というのも1999-2000年の間にされていて。で、この「誤差脱漏」を動かしているのは何だろうと考えていたのだけど。それって「輸送業」じゃないかな。

https://mobile.twitter.com/sihouhappou/status/304658290191785985?p=v
上下左右前後 @sihouhappou
不思議なのだけど、自動車の「ETC」も列車の「suica」も市井に本格的に導入されたのが2001年でこの時の首相は「森喜朗」でこの時に「ペーパーレス化」の話が関与している。

https://mobile.twitter.com/sihouhappou/status/304659519550656512?p=v
上下左右前後 @sihouhappou
何がいいたいのかと言うと「モノを動かす際に確実なやり方をとるならどうするか?」という事で。そのモノが「合法・非合法」問わずに動かす上で何を用いるかと言えば、ゆうパックやクロネコなんかの輸送業を介してモノを運ぶよね。また、小さい・大きい関わらずにね。

https://mobile.twitter.com/sihouhappou/status/304660376837033985?p=v
上下左右前後 @sihouhappou
例えば、麻薬にしても人を介して運ぶなら「必ず輸送機関を用いなければならない」わけだし。証明書付きの米国債だって同じなわけで。この膨大な「帳尻を合わせられないおカネや物品」という「誤差脱漏」の発生をさせているのは輸送業だとふと思ったのね。

https://mobile.twitter.com/sihouhappou/status/304661530258071552?p=v
上下左右前後 @sihouhappou
インターネットや情報機関というのは元々、軍事技術を民間に流用させることで「管理機関」へ移行していったわけだけど。その「管理機関」も実際に動いてしまっている、輸送機関や現物資産を管理・監視することができきれなかった。


https://mobile.twitter.com/sihouhappou/status/304662507337957376?p=v
上下左右前後 @sihouhappou
が、その輸送機関に「IT化」という名目で高度情報化・利便化させていくことで「誰が・どこへ・何を」しにゆくのかという。ところまでわかれば、それが「恒常的なのか・違うのか」まで簡単に追跡することができる。自動車でも同じだ、だって最新の自動車は遠隔操作できるみたいだしね。

https://mobile.twitter.com/sihouhappou/status/304663407515279360?p=v
上下左右前後 @sihouhappou
つまり、この「ペーパーレス化」も「輸送監視システム」も全く同じで。本当に「誰が・所持し・どう用いるのか」という事を管理・監視するためのものであり。この「その他投資」と「誤差脱漏」それに「非合法的物品」を正確に監視するためというのが関与しているのだと思う。

https://mobile.twitter.com/sihouhappou/status/304664657510137856?p=v
上下左右前後 @sihouhappou
事実、自動車免許には「ICチップ」が埋め込まれていてすぐ身元がばれるし。運輸局に問い合わせれば、すぐに自動車から所有者がわかる。そして、そういった免許を持っていないで余り出歩くことがない人や幼い子供まで監視対象者にするべく「マイナンバー法案」が出ているわけだ。

https://mobile.twitter.com/sihouhappou/status/304668468593188864?p=v
上下左右前後 @sihouhappou
この「誤差脱漏」や「非合法物品」の中で流されては困る方向に行こうとすると「不思議な情報リーク」や「妨害」が発生するのでしょうね。それがスイスでとっ捕まった「米国債と証明書」と猛烈に関与しているだろうな。つまり、電車乗った瞬間・自動車に乗った瞬間から行動を把握されているわけだ。

https://mobile.twitter.com/sihouhappou/status/304669092718202880?p=v
上下左右前後 @sihouhappou
それで監視対象者が「いつもと異なる行動や移動をすれば」即座に「監視状態」となり。その様々な取引をいつでもどこでもわかるようになっているわけなのだな。で、その監視対象者がバカでスマホ持っていたら会話までわかるわけか。なにこれ、80年代の近未来SFじゃねえか。

https://mobile.twitter.com/sihouhappou/status/304675062563352576?p=v
上下左右前後 @sihouhappou
仮想空間としての「情報機関」の一本化と現実空間としての「輸送機関」の一本化は同じことなのだろう。麻薬経路の一本化というのは「輸送情報の一本化」を意味しているのだろうなぁ。







こんなに上手に言葉に出来ませんが、僕も同じような考えです。


2013年4月からゆうパック系と旧日本通運系の2系統に分かれていた宅配便のシステムを一本化する。
http://t.co/sxsQ8jaLyF


郵便てのは、大陸アヘンで大活躍でしたね。
http://t.co/CtizvQzn
アヘン帝国 --- 汚れた歴史
http://t.co/u4ZQDBKl



desuperado @desupehannari 14時間
里見機関って、そっこらじゅうに出るだけあって、三菱よりも三井との方が関係深そうな。昭和通商も舵切ってんの、三井物産くさいしな。このルートがNTTの民営化、郵政の民営化、債券、の宗主国サマ系ですかね。監視っつーワードで繋がるような。。。

監視する側であり、される対象であり、ですな。


三井系の中で、カルト企業群の中の先遣隊のようなキチガイ東芝。
今でこそ、キチガイ核発電の代名詞のような東芝ですが、
戦前の三井系の中でも東芝は、重化学は弱いと言われていました。


http://desuperado.seesaa.net/article/317481758.html
東芝の子会社である、ウェスチングハウスCEO が原発再稼動の見通しをしめした。
子会社というが、馬鹿みたいに吊り上げられ買わされた。
東芝の核利益共同体の操作は、ココからじゃないのか(とゆーか本体がココ)、と思ったりする。



ちなみに、ウエスチングハウスを買収した時、東芝マテリアルを切り離しています。
そのマテリアルの買収先は、ブッシュやビンラディンでお馴染みのカーライルグループとゴールドマンサックス出身のニホンジンが創業したユニゾンキャピタルへ。「エスアイシー・インベストメント(カーライル・グループとユニゾン・キャピタルの折半会社)」だ、そうです。

ただ、この核路線に走る前、戦後すぐの暴走(赤狩りと扮装して大量解雇)がポイントだったのかな、と。
この辺りで、既に東芝は、三井からの宗主国様への貢ぎだったような感じがしてます。

まぁ、財閥解体とドッジ・プランの「1ドル=360円」「単一為替レート」で、自分等も蜜に与ろうとしたんだろうけど。

1ドル=360円は、戦時中の360倍。
360分の1の投資で、日本の企業などを買い、日本の経済復興と共に円の値上がりが起これば、天文学的な利益が。

○民営化っつー「ワード」 下山事件
http://desuperado.seesaa.net/article/257673471.html?1361551941

(最後に「続く感じでw」とか言いながらすっかり忘れてるwで、気付かずにココ最近、その続きをやっていたわけだwほぼ1年も空いたwしかも、コメントでいい加減さを反省するようなコメがw成長がまったく見受けられませんwもう一度深く反省www)


↑はチョコチョコ引っ張っていこうと思うんですが、東芝を改めて見ていたら気になるヒト発見。



東芝 wiki

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E8%8A%9D

創業者の一人、初代田中久重(1799年 - 1881年)は、からくり人形「弓曳童子」や和時計「万年時計(万年自鳴鐘)」などを開発し、「からくり儀右衛門」として知られる。

初代久重が東京・銀座に工場(諸器械製造所)を興し、弟子であり養子の田中大吉(後の2代目久重(1846年–1905年)が東京・芝浦に移転させた。

この工場の技術者の中に、後の沖電気創業者・沖牙太郎や池貝創業者・池貝庄太郎、宮田工業創業者・宮田栄助らがいた。




○ツイッターぶらり旅(2000年問題) 誠天サンイロイロとありがとぅございまするw
http://t.co/xCLyLZd8

2000年問題で、不具合を起こした場所の郵便貯金ATM。

郵便貯金ATMのうち、約1,200台が停止。富士通製のLSIに不具合があって、1996年から1999年にかけて製造された同社製および沖電気工業製の一部ATMが停止したことが、同日深夜に郵政省と富士通から発表された。



の沖電気の創業者が芝浦(東芝)出身ですね。
芙蓉グループっつーのは、そーゆー事ですかね。




上下左右サンのツィに戻り、「輸送機関」「合法・非合法問わず」




冒頭で、コメント欄の話をしましたので、
一般で、鉄道業界は、自動車業界の台等により衰退した、なんて云われますが。
その一番の企業と言えば、トヨタ自動車。
コメント欄を見ると、トヨタにいろいろ擦り付けたいのかな、と。
まぁ、だからといって、シロだなんて思いませんがw
三井物産、トーメン(アヘン)からの流れの中にある、トヨタ通商。


○幸福ナンタラをチラッと覗いてみた
http://t.co/tsatuC5s




△道路システム高度化推進機構
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E8%B7%AF%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E9%AB%98%E5%BA%A6%E5%8C%96%E6%8E%A8%E9%80%B2%E6%A9%9F%E6%A7%8B
設立:1999年9月2日
主な役員
理事長:張富士夫(非常勤。トヨタ自動車会長)
専務理事:村岡憲司(常勤。元国土交通省北海道局長)
常務理事:石原孝(常勤。元国土交通省大臣官房総括監察官)
常務理事:薄井隆(常勤)
常務理事:嶋憲司(常勤)
本部所在地:東京都千代田区二番町11番7号 住友不動産二番町ビル
2010年3月9日、「事業仕分け (行政刷新会議)第2弾」において、仕分け対象枠の公益法人に選定された。





△ETC
http://ja.wikipedia.org/wiki/ETC
日本では、1997年に小田原厚木道路小田原料金所で業務用車輛を対象に試験が開始された。同年12月には東京湾アクアラインで路線バスを対象に試験を実施、1999年10月にはORSEが車載器と路上アンテナの相互接続試験を開始し、またデンソー製車載器が初合格した。2000年4月24日には、東関東自動車道での試験が実施され、2001年3月30日に千葉、沖縄地区において一般利用が開始された。同年7月23日、三大都市圏の一部区間において、同年11月30日には全国の高速道路において一般利用が開始された。


○トヨタグループと豊田商事と幸福カルト、そしてオウムの影
http://t.co/foylscFc

↑で出してますが、豊田商事事件の周りに”デンソー”が。
トーメン創始者の児玉一造の親族関係もデンソーがチラホラ見受けられます。


そのデンソーが車載器初合格と。
まぁ、しっかり儲けたのは、書くまでもないが、


△ETC wiki
ETC機器製造者

車載器
デンソーとパナソニックの上位2社でシェア6割を占める

デンソー(主力は車両メーカー向け)
パナソニック(オートモーティブシステムズ社)
三菱電機
三菱重工業
古野電気
矢崎総業
マスプロ電工(OEM供給のみで自社ブランドでの販売はしていない)
NECアクセステクニカ(OEM供給のみで自社ブランドでの販売はしていない)[47][48]
日本無線(二輪車向けも製造)
カルソニックカンセイ株式会社(販売:シーケー販売株式会社)
パイオニア(自社製造ではなく、OEM供給を受けている)
クラリオン(自社製造ではなく、OEM供給を受けている)
トヨタ自動車(自社製造ではなく、デンソーおよびパナソニックより供給を受けている)
ダイハツ工業(自社製造ではなく、デンソーおよびパナソニックより供給を受けている)
富士重工業
日産自動車
ホンダアクセス
アルパイン
富士通テン
ミツバサンコーワ(電装大手ミツバの関連会社)

路側機
三菱電機
三菱重工業
沖電気工業
パナソニック
日立製作所・日立国際電気
東芝
[編集] 車両検知器
富士電機



ライフルで財を成し、東芝の前身会社に入所した、宮田工業、宮田栄助。
後にパナソニックのグループになるんですが、
2001年 株式会社モリタと資本業務提をし、2008年、株式会社モリタ (消防車、特殊車両のニホンで5割のシェアを誇る)の完全子会社になります。
富士重工業とも関係が深いようです。
消防法、消防庁長官やJICAと合わせて見ていくと、おもしろいかもしれませんね。

△宮田工業
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E7%94%B0%E5%B7%A5%E6%A5%AD



ムサシもそうだが、監視システムには、富士通がいつもいるナ。




まとめずに、鉄道の方にw

http://desuperado.seesaa.net/article/257673471.html?1361551941
当時の国鉄利権は、汚職の温床だった。
国鉄が適正価格の2,3倍の価格で下請け業者に仕事を発注する(談合によって決まっていた)。
これに参加していたのが、満州鉄道、旧陸海軍と軍事物資の取引があった企業。
このカネが、軍閥にGHQ内に流れ、政界に流れていた。
CTS(交通管理部門)のシャグノン中佐は、国鉄を「マイ・レール・ロード」と呼んでいた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

三菱財閥による国鉄の民営化の噂。
三菱は運輸で伸びた財閥。
国鉄は、戦時中は「鉄道省」と独立していた。
戦後すぐに「運輸省鉄道総局」運輸省の一部になった。
そして、「日本国有鉄道」とゆう公社に変わる、その初代総裁が下山。
段階を得て、国政からの切り離し。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
当時の東芝の社長石坂が、対日見返り資金(戦後復興の為にアメリカが日本の企業に向けた特別融資枠)を計画していた。ディロン・リード投資銀行がバックにいた。
国鉄の民営化にもディロン・リード社が動いている話があった。

GHQの国鉄接収の話。
CTS(交通管理部門)の任務は、国鉄の管理統制と、時は冷戦下。
対ソ連、中国、朝鮮戦時下における日本の鉄道輸送計画があった。
つまり、日本を極東前線基地として、国鉄を軍事施設と考えていた。

ーーーーーーーーーーーーーーーー



国鉄をマイレールロードと呼んでいた小物のシャグノン中佐は、極東の麻薬王にでもなるつもりだったんだろうね。
が、昭電懐獄事件が起こされ、流れが変わる。
GSのケージスから、G2のウィロビーに。
ここは、矢板機関が深く関わっている。
国鉄は、三菱系の影響力が強くなっていったんだろうね。



元を辿れば、満州鉄道。

三井系と三菱系とJRで交わるトコロ。
↓で出したのは、細い線。



三塚博http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%A1%9A%E5%8D%9A

1985年に運輸大臣として初入閣。国鉄分割民営化、財政構造改革路線の推進に尽力した。1986年、安倍が福田派を継承すると、三塚は派内事務総長に就任し加藤、森喜朗、塩川正十郎と共に「安倍派四天王」のひとりに数えられる実力者へと成長する。派内の後継者候補と目されるライバルが四天王として並び立つ構図は、リクルート事件の発覚により加藤と森が謹慎を余儀なくされた事で崩れ、事件に無関与だった三塚は通産大臣、外務大臣、自民党政調会長をたて続けに歴任、異例のスピードで重要役職をこなす。

1982年に国鉄現場を抜き打ち視察を行い、同行していたマスメディアに国鉄の現場の腐敗ぶりを広く知らしめることで国労の遵法闘争に終止符を打って国鉄分割民営化への道筋を切り開く。

「少年の健全な育成を阻害する図書類の販売等の規制に関する法案」作成中心人物。

なお、分割民営化の案が想定されていた当時、本州のJRに関して東日本と西日本と二分割論が主流であった与党において、「大阪の会社に東海道新幹線をやるわけにはいかん」と、三分割論を強硬に推進した中心人物とされている。結果、中部地方には東海道新幹線を所有するJR東海が誕生し、JR西日本は山陽新幹線を有するのみにとどまった。

森に派閥会長の座を譲って三塚派から森派とし、政界の第一線から退く形になった。




清和怪で幸福の科学と縁があり、大分マンセーされてるw
リクルート事件(三井系が追い落としを喰らった)で出世して、ノーパンしゃぶしゃぶで大蔵相を辞任した人物。


三分割を推進した意図。
東海地方、麻薬で連想すると、、、

富士の樹海。
上九一色村。
オウム。
同化している、自衛隊と米軍。


●contemporary navigation 
○日本で一番自殺が多い地域は旧上九一色村? 2008-7-10
http://ccplus.exblog.jp/8279221/

○ただ今地震監視中。人工地震と深海掘削の裏側を見る。 2011-12-07
http://ccplus.exblog.jp/17025981/




カルトドモの手打ち場所、秘密基地。
ニホンの主要幹線道路。
浜岡原発。
岐阜の核施設。



じゃ、suicaなんかのicカード見ていこうかな。

△Suica
http://ja.wikipedia.org/wiki/Suica%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89
東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京モノレール・東京臨海高速鉄道等で導入されているサイバネ規格/FeliCaの技術を用いた共通乗車カード・電子マネーである。

2001年以前
1994年(平成6年) - 第1次試験(8駅・9改札口)。マイクロ波帯(2.4GHz)、バッテリ内蔵
1995年(平成7年) - 第2次試験(13駅・14改札口)。超短波帯(32MHz)、バッテリ内蔵
1997年(平成9年) - 第3次試験(12駅・15改札口)。短波帯(13.56MHz)、バッテリレス
1999年(平成11年)
5月14日 - ICカード出改札システムの2001年1月導入を発表
10月5日 - ICカード出改札システムの名称を「Suica」に決定
2000年(平成12年)2月25日 - 導入時期の半年 - 1年程度延期を発表
2001年
4月8日 - 常磐線(上野駅 - 勝田駅間30駅)で初めてSuicaを導入。また、4月8日 - 7月8日には埼京線・川越線(恵比寿駅 - 大宮駅 - 川越駅間27駅)では10,000人公募によるモニターテストを実施(Suica定期券8,500人・Suicaイオカード1,500人)
9月14日 - 東京近郊区間(首都圏)のSuica導入日を2001年11月18日と公式発表

△ICOCA
http://ja.wikipedia.org/wiki/ICOCA
西日本旅客鉄道(JR西日本)が発行する公共交通機関乗車カード・電子マネーとして利用できるICカードである。
2001年に発表。
2003年11月に正式導入。

△TOICA
http://ja.wikipedia.org/wiki/TOICA
、東海旅客鉄道(JR東海)が提供する在来線のIC乗車券サービスの総称である。「tokai Ic CArd」(東海ICカード)の頭文字から命名され、2006年7月28日に同社によって商標登録されている。2006年11月25日に名古屋地区で初めて導入

△SUGOCA
http://ja.wikipedia.org/wiki/SUGOCA
九州旅客鉄道(JR九州)が2009年(平成21年)3月1日から導入したサイバネ規格のICカード乗車券である。



サイバネ規格っつーのがココ↓


△日本鉄道技術協会
http://www.jrea.or.jp/02about_04enkaku.html

1985 (昭和60)年5月 サイバネティクス協議会を協会に合併。


役員
http://www.jrea.or.jp/02about/PDF/yakuin.pdf



△ICカード
http://ja.wikipedia.org/wiki/IC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89





https://mobile.twitter.com/sihouhappou/status/304658290191785985?p=v
上下左右前後 @sihouhappou
不思議なのだけど、自動車の「ETC」も列車の「suica」も市井に本格的に導入されたのが2001年でこの時の首相は「森喜朗」でこの時に「ペーパーレス化」の話が関与している。





先に出した、ノーパンシャブシャブで失脚した三塚博の派閥を喰った森喜朗。

森喜朗 wiki

内政一般
IT革命を謳いe-japan戦略を策定、IT基本法および関連法案約40本を超党派で成立させていくきっかけとした。具体的な政策の検討を行なうためIT戦略会議、産業構造の転換を図る為産業新生会議を設置し、外部から出井伸之をはじめとする複数の有識者を招いた。インターネット博覧会(インパク)の開催などの振興策を推進した。
教育改革を掲げた森は諮問機関として教育改革国民会議を発足、江崎玲於奈を座長に据え、2000年9月には中間報告を提出するに至った。三浦朱門の言動も度々物議を醸した。奉仕活動を義務化させる方針を盛り込む等については、特にリベラル、野党的な立場からは物議を醸した。森自身が私学と太いパイプを持つ[要出典]文教族の大ボス的存在であり義務教育廃止論者でもある[要出典]ことから様々な議論を呼んだ。
犯罪被害者保護法の立法、検察審査会法の改正(審査会への申し立てを被害者が死亡した場合には遺族にも認めるようにした)、ストーカー行為規制法の立法、児童虐待防止法の立法、少年法の改正(刑事罰対象年齢の引き下げ)なども森内閣での成立であり、森の教育・治安などへの持論にもある程度沿ったものであった



森喜朗で、すぐに連想するものといえば、DMMドットコム。
石川にある、元々小さなインディーズAV会社 北都グループ。
これには、石川の商工会議所が絡んでると。
まぁ、信用もデカイ公的資金(血税)をぶっこんだわけですが。

先ほど、久しぶりにTVを見てたらCMで世界第三位の取引高、証券会社DMMドットコム、と流れておりました。

オウムっつーカルトを隠れ蓑に隠れ核武装。
AV会社を隠れ蓑にマネロン機構。

ふぬ、バカジャネーノ。
あぁ、なんか、まともに書くのうざくなってきた。。。(まぁ、グチャグチャで整理が出来てないクソ記事ですがw)



小渕恵三 wiki

1999年(平成11年)1月、自由党との連立政権発足。この事で政権基盤が安定し、周辺事態法(日米ガイドライン)、憲法調査会設置、国旗・国歌法、通信傍受法、住民票コード付加法(国民総背番号制)などの重要法案を次々に成立させた。


△住民基本台帳ネットワークシステム
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8F%E6%B0%91%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E5%8F%B0%E5%B8%B3%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0




これのレベルアップさせたマイナンバー法案が来月国会提出と。


●nyoのどーにも真実がきになる 2012年05月05日
○「マイナンバー法案」なるものが審議入りなわけですが、今一度そこにある危険性と「利権」を見直すべきです。
http://blog.livedoor.jp/bettycat530-shinjitsu/archives/6635261.html




○完全監視管理社会 
http://desuperado.seesaa.net/article/311328335.html




posted by デスペラード at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。