2012年12月01日

カナダがやたらと目に映るのは気のせいでしょうか?

久しぶりです。
最近、カナダってワードが気になる。
TPPのせいかも知れませんが。
10月にTPP拡大交渉に正式参加したっけ。
まぁ、雰囲気的更新です。








●スロウ忍ブログ 2012年11月30日金曜日
国連総会で「日本」を含む138カ国の賛成多数により「パレスチナ」を“オブザーバー国家”に格上げ。反対票は、「米国」、「カナダ」、「イスラエル」、「チェコ」、「パナマ」、太平洋諸島国4カ国の計9カ国。
http://surouninja.blogspot.jp/2012/11/13849.html

国連総会が昨日(2012年11月29日、日本時間の本日朝)、国連におけるパレスチナの地位をバチカン市国と同等の「オブザーバー国家」に格上げする決議案を、賛成138か国、反対9か国、棄権41か国という圧倒的な賛成多数で可決したとのことである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121130-00000252-yom-int

パレスチナ、「国家」に格上げ…国連が決議採択

読売新聞 11月30日(金)8時56分配信

【ニューヨーク=柳沢亨之】国連総会は29日、国連非加盟オブザーバーであるパレスチナの地位を、現在の「機構」から「国家」に格上げする決議案を賛成138、反対9、棄権41で採択した。

アラブ諸国のほか、フランスやスペインなど欧州諸国、日本などが賛成、米国やイスラエルなどが反対した。

最終更新:11月30日(金)8時56分

此の決議案に反対した国は、米国、イスラエル、カナダ、チェコ、パナマ、そして太平洋諸島国(マーシャル諸島共和国、ミクロネシア連邦、ナウル共和国、パラオ)の9カ国である。尚、太平洋諸島国は、常に米国とイスラエルに歩調を合わせている一種のカルト保守傀儡小国なので、実質的には5カ国による反対だったと謂える。

必ず「反対」に回ると予想されていた英国やドイツは、どうやら「棄権」した様だね。

それにしても、シオニスト勢力が幅を効かせるイスラエルや米国、排他的な民族主義が強いチェコや新自由主義を邁進するパナマ等の「反対票」は分かるとしても、リベラルな筈のカナダが何故「反対票」を投じたのかは理解出来ない。

また、此の決議案にネオコン傀儡カルト保守政権“日本”が「賛成」を投じているのは、良い意味で驚きである。此方も「カナダの反対票」と同じ位に理解出来ないがね。





英米帝とその植民地であるマーシャル諸島がいつも「嫌だ」の常連でしたが。

カナダは、NAFTA(ISD条項、ラチェット条項)により、ある程度、多国籍企業の植民地になってますね。
その荒らし行為(カナダを相手に多国籍企業からの提訴)は、丁度、サブプライム問題辺りから急増したような気がしない事も無いw

TPP(ISD条項、ラチェット条項)ですが、欲しがり屋さんはシオニスト系が多いよね。
どっかにカナダに対して訴訟を起こしている(起こした)企業群のまとめないのかな・・・。
環境保護やら水やら農薬(食)や薬(医療)やら産業廃棄物・・・。
細かいソースが出てこないわw
英語が分からないわw


で、最近「カナダ」と言えば、来年イングランド銀行の総裁になるカナダ人のカーニー氏。
300年余りの歴史の中でイギリス人以外が総裁になるのは初とか言ってますな。
近代史を見ると、何人(国)とか関係ない奴ばっかりなってんじゃねーかw


英イングランド銀にカナダ人の総裁−手腕問われるカーニー氏
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-ME3Q2Q6TTDTT01.html


マーク・カーニー wiki

マーク・カーニー(Mark J. Carney 1965年3月16日 - )はカナダ銀行総裁。金融安定理事会(FSB)議長。なお、2013年7月1日からはイギリスの中央銀行であるイングランド銀行の総裁に就任する。


略歴
来歴 [編集]
1965年、ノースウエスト準州フォートスミスで地元の高校で校長をつとめていた父と元小学校教師の母のあいだに次男として生まれる。兄弟は兄と弟、妹の4人兄弟。1971年、父親がアルバータ大学の教育史教授に就いたことで家族はアルバータ州エドモントンへと引っ越す。

そんな教育一家に育ったカーニーは1988年、ハーバード大学で経済学学士号を取得。次いでオックスフォード大学に学び1993年に経済学修士号、1995年には経済学博士号を取得し、卒業後ゴールドマン・サックスに入社した[1]。ロンドン、東京、ニューヨーク、トロントのオフィスを渡り歩き13年間勤務。その間、様々な部門で要職に就き、順調にキャリアを積んでいった。特にロシア財政危機が起きた1998年は、アパルトヘイト後の南アフリカ新興債券市場への投機的業務に関わっており、ひたすら仕事に没頭していたという[2]。

2008年2月1日にはカナダ銀行総裁に7年間の任期で任命された[3][4]。G8参加国の中央銀行総裁では最年少[5]。2011年には金融安定理事会(FSB)議長に就任。 2012年11月26日に、公募による選定でイングランド銀行の総裁への就任が発表された。任期は2013年7月1日から5年間の予定。




●米国政府を支配するウォールストリートの陰謀 ゴールドマンサックス 1/3
http://www.youtube.com/watch?v=XjSe-i_8F8g

●米国政府を支配するウォールストリートの陰謀 ゴールドマンサックス 2/3
http://www.youtube.com/watch?v=36TH5BVOykA

●米国政府を支配するウォールストリートの陰謀 ゴールドマンサックス 3/3
http://www.youtube.com/watch?v=xilzn0AH2Mw


●灼熱
イングランド銀行設立から見えてくるもの (14)
http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200507290000/



ロスチャイルド イングランド銀行
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q=%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E9%8A%80%E8%A1%8C&gbv=2&oq=%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E9%8A%80%E8%A1%8C&gs_l=heirloom-hp.3...1938.14688.0.15047.32.31.0.0.0.4.453.6359.0j5j4j7j5.21.0...0.0...1c.7TAa2gh066I


イングランド銀行といえば、イギリス帝国型間接統治の肝。
第一次世界大戦やらヒトラーの台等やら。
イギリス委任統治領パレスチナ。

で、ただいまパレスチナが国家に昇格と。


ああ、カナダの話あんまりしてないなw


○カナダとEPA交渉入り、首脳会談で合意< 2012年3月25日 19:44 >
http://www.news24.jp/articles/2012/03/25/04202549.html
日本がカナダとのEPA交渉に入る背景には、天然ガスなど、カナダの豊富なエネルギー・鉱物資源を確保したいという狙いがある。一方で、日本は大豆や豚肉などの農産物をカナダから輸入しており、今後の交渉では、国内の農業を守りながら、どこまで市場を開放できるかも焦点となりそうだ。


○加RIM、新スマホへの期待でゴールドマンが投資判断引き上げ 株価急伸
2012年 11月 30日 05:01 JST
http://jp.reuters.com/article/companyNews/idJPJT825055620121129
[トロント 29日 ロイター] ゴールドマン・サックスは29日、カナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)(RIM.TO: 株価, 企業情報, レポート)(RIMM.O: 株価, 企業情報, レポート)の投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に引き上げた。目標株価も9ドルから16ドルに引き上げた


○カナダ、インドへのウラン輸出を約40年ぶりに解禁へ
2012年 11月 7日 04:16 JST
http://jp.reuters.com/article/jp_BRICs/idJPTJE8A500Q20121106
[ニューデリー 6日 ロイター] インドを訪問中のカナダのハーパー首相は6日、インド政府との合意を受け、カナダ企業によるインドへのウラン輸出を約40年ぶりに解禁することを明らかにした。

インドが1974年に初の核実験を実施したことを受け、カナダは1976年に同国へのウラン輸出を禁止している。

ハーパー首相は解禁の具体的な日程は示さなかった。

両国は2年前に原子力協力を締結しており、この日は「事務的な取り決め」に関する協議を終了したと発表した。ただ、依然として複数の問題を解決する必要があるともしており、実際に輸出が解禁される時期は明確でない。

ーーーーーーーーーーーーーーー

インドは電力需要増に対応するため、向こう20年間で約30基の原子力発電所を建設する計画。

インドへのウラン輸出解禁で、ウラン生産大手カメコ(CCO.TO: 株価, 企業情報, レポート)や、エンジニアリングのSNC─ラバリン(SNC.TO: 株価, 企業情報, レポート)が恩恵を受けるとみられる。



○日立<6501.T>が英の原発建設会社ホライズン買収へ、700億円規模 海外開拓目指す
2012年 10月 27日 21:35 JST
http://jp.reuters.com/article/companyNews/idJPTK053938320121027
関係者によると、ホライズンの株主である独電力・エネルギー大手RWE(RWEG.DE: 株価, 企業情報, レポート)と同業エーオン(EONGn.DE: 株価, 企業情報, レポート)との交渉がほぼまとまり、日立は30日に取締役会を開き、買収を正式に決定する。買収後、原発を運営する電力会社のパートナーを探して出資を募る。日立は原発建設と稼働後約40年間の保守・管理を請け負う方針。

 ホライズンはRWEとエーオン2社が出資し、英国での原発事業展開のため2009年に設立。すでに英国で予定地を取得し、最大660万キロワットの原発を建設する計画を進めていた。しかしドイツ政府が脱原発政策に転じたのを受け、今年3月に売却する方針を表明、買い手を探していた。売却交渉には当初、仏原子力大手アレバ (AREVA.PA: 株価, 企業情報, レポート)や中国企業などが名乗りを上げていたが、撤退。日立とカナダのSNCラバリン連合、東芝(6502.T: 株価, ニュース, レポート)と同社子会社で米原子力大手ウエスチングハウスが最終候補に残っていたが、東芝連合は日立を上回る額の応札を見送った模様。



○カナダ沖でM7.7の地震、北米沿岸やハワイに津波警報
2012.10.28 Sun posted at 15:21 JST

http://www.cnn.co.jp/world/35023670.html

(CNN) 米地質調査所(USGS)によると、カナダ西部のクイーンシャーロット諸島沖で現地時間の27日午後8時4分(日本時間28日午後0時4分)ごろ、マグニチュード(M)7.7の地震が発生した。

USGSによると、震源はクイーンシャーロット諸島のマセットから南へ139キロ離れ、震源の深さは17.5キロ。USGSは、M7.7の地震後、M5.8を始めとするM4〜5台の余震が多数発生したとも報告した。

○カナダ西海岸沖でマグニチュード6.3の地震=米地質調査所
2012年 10月 30日 12:39 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE89T03020121030
[シドニー 30日 ロイター] 米地質調査所(USGS)は30日、カナダ西海岸ブリティッシュ・コロンビア州沖でマグニチュード6.3(暫定)の地震が発生したと発表した。

USGSによると震源の深さは約10キロ、震源はブリティッシュ・コロンビア州プリンス・ルパートの南西約260キロの地点。




あとは、2015年までに財政赤字の健全化が出来ると財務大臣が言ってたくらいかな、最近は。

カナダというより、ゴールドマンコセック・・・失礼w
ゴールドマンサックスが気になるんですけどね。
あんまり繋がりも出してませんがw


資本主義は共産主義と同じモノ。
支配者がスターリンなのかゴールドマンサックスかの違いでしかないって言ったのは、がけっぷち社長サンだったかな。
カルト国家ジャポンを見ると、

https://mobile.twitter.com/kagiwo/status/273936492978642944?p=v
Takafumi Kizaki
@kagiwo
ちなみに、橋下の裏に竹中平蔵がいるのは有名な話。大阪府の資産管理がゴールドマン・サックスに変えられたのも橋下知事時代。でもって、石原慎太郎が必死こいてた東京の築地移転計画もゴールドマン・サックスがらみ。日本維新ってのは、東西の手下が組んだ党ってこと。



太陽光発電も参入だったっけ。

ただのメモでした。
posted by デスペラード at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。