2012年06月19日

トリチウムやらプルトニウムやら

3.11以降、嘘ばっかり言うテレビ業界が嫌になって、仕事を変えたり変えようとする人、結構多いみたいです。

情報は、自分で探さないと見つかりません。

正しいモノか間違ってるモノかは、分かりません。

そして、皆が皆ネットが出来る訳でもないです。

ソ連崩壊後、紙幣が紙くずになっても生き残れたのは、近くの人達が集まり物々交換をしながら皆で支え合ってたそうです。



●放射能、本当の事(仮)2012-06-03
0603http://d.hatena.ne.jp/rakkochan/20120603/p1
○【放射能】福島県の水道水から放射性トリチウム1・4ベクレル検出


【福島県の水道水からトリチウム1・4ベクレル】

福島民友ニュースによれば、福島の水道水から、放射能・トリチウムが
1リットルあたり1・4ベクレル検出されたことが分かりました。

以下、福島民友ニュースからの引用です。

(福島)県と政府の原子力災害現地対策本部は21日、水分として体内に取り込みやすい放射性物質トリチウムについて、河川や湖沼など51カ所で行った濃度調査結果を初めて公表。トリチウムが検出された地点のうち1リットル当たりの最大値は河川水が1.5ベクレル、湖沼水が1.6ベクレル、水道水が1.4ベクレルで、いずれも平常時に全国で測定した数値を下回った。

以上、福島民友ニュース:河川湖沼「トリチウム」の濃度調査結果を初公表 より。
(2012年5月22日。太字は当ブログによる)
http://www.minyu-net.com/news/news/0522/news6.html


【NHK、「トリチウムでガン増加」の可能性を指摘】

2011年12月28日、NHKは、「低線量被ばく 揺らぐ国際基準 追跡!真相ファイル」という番組を放送。トリチウムが原因でガンが増加した可能性がある、と指摘しました。

番組によれば、アメリカ・イリノイ州シカゴの原子力発電所の排水には、放射性トリチウムが含まれているといいます。市民が、周辺の住民20年間1200万人の病気の統計をとったところ、他の地域と比較して、脳腫瘍・白血病が30%以上増加、小児ガンが2倍だったことがわかった、という内容でした。


●-The Truth is Out There-東電福島原発事故の真実 放射能汚染の真実 食物汚染の真実 正しい情報を求めて
○トリチウムによる被曝の恐ろしさ
2011.07.24
http://george743.blog39.fc2.com/blog-entry-631.html
トリチウムは空気中の水蒸気、又は降雨、海水に溶け込んでおり、水道から、呼吸から、海産物から摂取され、体内が被曝するのです。

その放射線量は、プルトニウム、ストロンチウム、ウランよりは少ないのかもしれませんが、身体は「水」と判断し、対外に排出されず、細胞内にまで入り込みDNAを破壊します。



トリチウム、水、そして環境(1)京都大学名誉教授 斎藤眞弘
http://homepage3.nifty.com/anshin-kagaku/sub040208saitou.htm

トリチウム、水、そして環境(2)京都大学名誉教授 斎藤眞弘
http://homepage3.nifty.com/anshin-kagaku/sub040208saitou.2.htm

トリチウムの摂取による被曝線量は2倍になる 美浜の会
http://www.jca.apc.org/mihama/reprocess/rokkasho_series6.pdf



●院長の独り事 2012年06月16日
○プルトニウム汚染地図の衝撃
http://onodekita.sblo.jp/article/56507065.html

セシウムの分布とは明らかに異なった様相です。

2012061508-thumbnail2.jpg


福島の地名を入れたバージョン↓
http://twitpic.com/9wumuw


ついでにセシウム分布図もdms1109301108006-p1.jpg


ついでにこちらも。

2012年06月07日
放射能汚染と懲りないカルト
http://desuperado.seesaa.net/article/273904414.html


小出センセが言ってたと思うが、「ガレキ受け入れ」のあのガレキを福島第一原発の石棺に(ニホンの陸海にあるホットスポットの土壌も)
海は、コンクリで柵作って。
核の暴走に対しては、チェルノで行われた、あの沢山の命が失われた人海戦術が人類の打てる最良の手。

未だ福島原発から絶賛飛散中の放射能。


posted by デスペラード at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。