2012年05月28日

電磁波ですか。

久しぶりの投稿だす。
いつも通り他人様のブログからw


○携帯によるヒゲ剃りの誤作動
http://www.youtube.com/watch?v=L70U2ts7J0M


電磁波って奴です。


●誠天調書 2012年05月26日
○電力不足、送電事故は、「起きる」のではなく「起こせる」。
http://mkt5126.seesaa.net/article/271662560.html
「東電側をも含めた スマートグリッドを詐欺に使う為の菅と“再生可能エネルギー促進法”」の裏を暴いた
土のうえ のブログ様の記事を ITSの件をも含めて並べて置いた。
其処には 今 何が起きているのか? が克明に暴かれている。

●土のうえ のブログ 2012/5/16 
○資料 制御システムのオープン化が重要インフラの情報セキュリティに与える影響の調査 土のうえ のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/4889467.html


●土のうえ のブログ 2012/5/17 
○資料 2010年度 制御システムの情報セキュリティ動向に関する調査報告書 @
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/4897009.html

●土のうえ のブログ 2012/5/17  
○資料 2010年度 制御システムの情報セキュリティ動向に関する調査報告書A
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/4897650.html

●土のうえ のブログ 2012/5/13 
○電磁波とノイズ 資料 電波 電磁波(全て引用)
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/4829162.html

●土のうえ のブログ 2012/5/13  
○干渉法 森田耕一郎さんの訃報 資料 電波 電磁波A(引用)
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/4832692.html

●土のうえ のブログ 2012/5/13 
○Nシステムと赤外線と天文学 電波 資料B (引用)
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/4836667.html

●土のうえ のブログ 2012/5/13 
○資料 電波 電磁波C チリで邦人天文台職員が死亡 森田教授は何者かに襲われて殺害-
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/4838288.html


●土のうえ のブログ  2012/5/14 
○総務省のITSに関する最新動向平成23年3月3日 -
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/4848726.html


●土のうえ のブログ 2012/5/17 
○スマートメーターの危険性 -
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/4895648.html


●土のうえ のブログ 2012/5/18 
○【経済産業省】平成23年2月スマートメーター制度検討会
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/4915267.html

●土のうえ のブログ 2012/5/18  
○スマートグリット と発送電分離
http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/4916150.html



●nYoの どうにも、真実が気になる。
○「スマート」な「メーター」にすることが生み出す危険性。
http://blog.livedoor.jp/bettycat530-shinjitsu/archives/7436720.html
「スマートメーターを無料で取り付ける」って、原価総括方式なんですからコストに計算するんですよね。電力会社は、絶対にソンをしない。姑息です。
電車の制御装置はシーメンスだよ〜♪
と、教えてくれた、理系サラリーマンのお客様は

 「ああ、スマートメーター? 有線でやるんじゃないの?
 こんなに電線あるんだし。。」
 なんて言っていましたが、なにをおっしゃる(苦笑)
 電波でした。

そりゃ、そうでしょうね。有線じゃ、監視、工作、けっこうしづらいですもん。
電波なら、工作、一発ですわ。
しかも、規格がわかっていれば、超簡単。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

電力計→検出器→デマンドコントロールシステム
 となっています。

 
 デマンドコントロールシステムとは、つまり制御監視装置であり
 資料 制御システムのオープン化が重要インフラの情報セキュリティに与える影響の調査 http://blogs.yahoo.co.jp/umebaze/4889467.html
 
 でも書かれていた、サイバー犯罪の標的となっているところであり、
 不思議なことに、サイバー犯罪を防ぐために、「標準化を進める」という奇妙な結論となっています。(苦笑)

 さらに、懸念するのは、検出器から出るパルス(信号)が、同じような電波によって、妨害、誤作動した場合、自動制御されるタイプの電力料金プランを選択していた場合、「使用量をオーバーしていないのに、電気機器が止まる。」

 また、手動ではあっても、目標値を越えた場合、電気料金が高額になり、制限令があると罰金ということになります。
 これが、中小、下請けにあたえるダメージは、ものすごいでしょうね。


 日本は,スマートメーターは家庭用には HEM式を採用しており
 さらに、使用量が見えるだけでは節電に結びつかないので、自動的に止める方式を進めたいというのは、いくつかの新聞記事で、書かれていました。

 電力不足、送電事故は、「起きる」のではなく「起こせる」時代です。
 スマートメーターは、それを、狙われたピンポイントで起こせる強力な武器になってしまうのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2012年4月8日
経産省と財界がやろうとしている「送電分離」は、NTTがモデルじゃないかな? いわゆる土管会社。 送電網を持っているところが労せずして利を得る。
https://twitter.com/#!/tutinoue/status/188787057030729729


2012年5月15日
発電 送電、配電に分離して、天下り先と、場を 増やす。 
何が起きても、責任を回避し合える。 
トバシたあとで、銀行も電力会社も赤字で税金を払わずに済ませる。設備投資したと電気料金を上げ、スマートメーターで使用者監視も出来る。 一石何鳥なんだか。。
https://twitter.com/#!/tutinoue/status/202252304919969793


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

情報の漏洩
情報の改ざん
制御システムへのサイバー攻撃の危険性
新しいスマートwな利権の発生
新しい天下り先

に加えて

健康への影響問題 も気になるわけです。

無線LANなどwi-fiの電波が木を枯らす、というオランダの研究。
http://www.youtube.com/watch?v=lsuP_WBBr2c&feature=player_embedded





posted by デスペラード at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。