2012年05月04日

バスを運行していた会社の名前が「陸援隊」

ゴールデンウィークってのは、基本的に外に出ません。

人混みうっとーしーんで。






群馬県藤岡市の関越自動車道で7人が死亡したツアーバス事故。

ゴールデン中は、事故のnewsが毎年垂れ流される訳なんですけども。
どーせ、国土交通にカネよこせ、天下り先確保のキャンペーンだろな、と思ってたんですが。。。

事故のレポートです。
「ガードレールの切れ間の防音壁に居眠り運転で時速90`でぶっこむ」

事故直後から流れてきた情報に、「ガードレールの設置ミス」みたいなのが流れてました。
通常、ガードレールは落下を防ぐ、又は、側面への進入を防ぐ為にあります。
車体とガードレールが擦れ合いながら、進路を誘導してくれる訳です。

が、今回は、車体とガードレールが擦れ合いながら壁に激突しました。
ガードレールの誘導先が防音壁だったっつー訳です。

これがどーも道路構造上の欠陥だ、と。

次の日になると、「自動ブレーキの義務化」が紙面を賑わせました。

高速道路の維持と新しい義務。


小沢・鳩山政権発足時は、高速道路無料化の話がございました。
松下政経塾に乗っ取られてから、この話は飛びましたがw
オザワンが無罪判決後の事故ですね。
道路公団は、小泉改革により外資に喰われてますね。

まぁ、いいやw
とりあえず、ワタスの感想。

「これまで通り、高速維持費の為にカネよこせw」
「今回のような道路構造上の欠陥があるかもしれんから、管理体制の為に新しい第三者機関をw」
「自動ブレーキの義務化にあたり、多国籍企業の大手自動車メーカーの協力の下、管理体制の為に新しい第三者機関をw」
「天下り先確保っっっwww」


にしか、見えねーんだわ。

ん、「たまたまじゃねーの?」ってか。

まぁね。。。

居眠り運転で時速90`オーバーで、死傷者が出るくらいに、思いっきり壁に突き刺さったのにもかかわらず、運転手の顔があんなに綺麗じゃなかったら

たまたま的な事を少し考えますけどね。。。

高速走ってたら分かると思うけど、大型バスってスピードでないよね。
あんなボロだったら、尚更ですな。
あんなボロにエアバックありましたっけ!?


クシャミ一つで交差点にぶっこんでしまうのが、「車」なので、
事故に気を付けて、残りのキンタマ週間楽しんでくだはい。








posted by デスペラード at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。