2012年02月22日

ニュージーランド地震から1年

せっかく覚えた大文字使うの忘れてたw

はい、NZ地震から1年です。

201102250856431c4.jpg

地震の4日前、日本は南極海での調査捕鯨をシー・シェパードにより妨害され、中止に持っていかれた。
その2日後、NZで大量のクジラが座礁していた。

画像は、ピンポイント倒壊のカンタベリーテレビ(CTV)ビル。
地震の前日に隣のビルが解体工事をしていた。

地震当日、空き缶内閣は、すぐに対策本部を作らなかった。
オザワンの「判決確定までの党員資格停止」の会議を終えてからだった。




●スロウ忍ブログ
○ニュージーランドのフェアウェル岬の浜辺にゴンドウクジラ61頭が座礁し死亡。米帝原潜による軍事作戦(地震兵器の仕込み)の可能性は。
http://surouninja.seesaa.net/article/235605545.html

鯨が大量座礁する原因として、原子力潜水艦の強力なソナーが鯨の聴覚を狂わせてしまうことを、ご丁寧にも読売新聞が東日本大震災発生の一週間前(2011年3月5日)に掲載している。
つまり、鯨が大量死した場所の近海で、原潜が何らかの活動を行なった可能性が高いということである。

今年2月(2011年2月22日)、ニュージーランドのクライストチャーチで大地震が発生し、CVTビルの余りにも不自然な倒壊で日本人が28人も死亡したわけだが、其の二日前にも同国ではゴンドウクジラ107頭が打ち上げられている。そして、更に其の二日前、似非環境保護団体シーシェパードの過激な妨害により、日本は南極海での調査捕鯨を中止に追い込まれている。

シーシェパードが此の様な絶妙なタイミングで日本の調査捕鯨船に対して妨害活動を行ったのも、米帝による軍事作戦を隠すためだと考えれば腑に落ちるわけである。



●contemporary navigation
○カンタベリー地震と勝木諒と小林康浩を結ぶ線とは??
http://ccplus.exblog.jp/14372478/

先日、ニュージーランドのカンタベリー地震が起き、日本人留学生が大勢居たCTVビルが破壊され、28人の行方不明者が出た。

その半分は、公立の富山外国語専門学校の生徒であり、そして富山県知事は、前消防庁長官であった。
そして、もう半分は、JICAなど海外でもボランティアや救援活動に参加しようと思って外国語を習っていた看護士であった。

だがしかし、CTVビルの瓦礫の山をかきわけ、救い出そうとしていたのも又、JICAであった。

JICAの理事は、吉田茂政権におけるCIAエージェントだった緒方竹虎の義娘、緒方貞子である。

他の一人は、北朝鮮の拉致事件を調べていた新聞記者。

これだけでもおかしいなんてものじゃないんだが、被災し、行方不明になった28人の中に、どこかで見た履歴の人が居た。

干場ひふみ さん(日本医大 千葉北総病院 救急外来)
救急医療の花形としてテレビでも度々取り上げられている、日本医大 千葉北総病院 救急外来のフライトナースだ。

これを見た瞬間に、僕はある事件を思い出した。

児童ポルノ法単純所持規制という、事実上の治安維持法を通過させようとしていた時に、当時の法務大臣の地元で全裸の女児の遺体が発見された。

これが、当ブログが追求していた東金女児殺害事件=通称『成田幸満ちゃん事件』なのだが、逮捕された知的障害者である勝木諒被告に15年の懲役の判決が千葉地方裁判所で言い渡された。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00194136.html





●憂いの果てに 〜次男坊のアフォリズム〜
○なぜ、勝木諒は罪を認めたのだろうか〜東金女児殺害事件をケーススタディする〜1
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-261.html
○なぜ、勝木諒は罪を認めたのだろうか〜東金女児殺害事件をケーススタディする〜2
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-262.html

□幸満ちゃん事件 勝木被告の弁護団、無罪主張へ
勝木諒被告 千葉地裁公判前整理手続き

(2009年9月14日 産経新聞)

千葉県東金市で昨年9月、保育園児の成田幸満(ゆきまろ)ちゃん=当時(5)=が殺害された事件で、殺人と死体遺棄、未成年者略取の罪で起訴されていた勝木諒被告(22の弁護団は14日、「検察側の証拠では彼の犯行だということはできない」と、公判で無罪を主張することを明らかにした。

主任弁護人の副島洋明弁護士が、同日千葉地裁でおこなわれた公判前整理手続き後に、記者会見で明らかにした。副島弁護士は、勝木被告には軽度の知的障害があるため、「褒められたり、頭をなでられたりされれば、供述を変遷させる」と指摘。自白などの証拠ではなく「物的証拠で裁かれるべき」と主張した。

勝木被告の自室についても「警察が4日間も家宅捜索したのに(幸満ちゃんの)指紋も髪の毛も出てこない」と強調。精神科医や法医学者などの専門家の協力を得て弁護活動を行う方針とした。


◇ レジ袋の「指紋・掌紋」は別人のもの

 「弁第1号証〜弁第3号証という斉藤さんの鑑定書と上野正彦先生の意見書・鑑定書…つまり、指紋に関する鑑定書です」

 副島弁護士が説明するのは、元栃木県警鑑識課員で指紋鑑定士の斉藤保氏と、監察医の上野正彦氏による指紋・掌紋の鑑定結果である。

 幸満ちゃんの衣服が入れられていたレジ袋からは、指紋・掌紋が検出されたとされる。検察によれば、それが勝木氏のものと「一致した」。数少ない物証のひとつで、勝木犯人説の決め手とされた。指紋が一致した、とマスコミでも大々的に報じられてきたものだ。

 この指紋・掌紋の「一致」に弁護団は疑問を抱いた。そのわけは後に触れるが、公判前整理手続の場で検察側が提示した指紋・掌紋の証拠について、あらためて独自に専門家に依頼して、本当に勝木氏のものと同じものなのかどうか検証した。その鑑定を行ったのが斉藤氏と、上野氏だった。

 両者ともに鑑定の結果は次のとおりだった。

 レジ袋の指紋・掌紋は勝木氏のものではない。別人のものである――

 斉藤氏、上野氏ともに数多くの事例をみてきたベテラン中のベテランである。その2人がそろって「別人」というのだ。検察側が決定的証拠としてきた指紋・掌紋は、その信用性に大きな疑問が出てきた。もし指紋・掌紋が勝木氏のものではないのなら彼は無罪で、犯人は別にいるということになる。

 そもそも検察側の主張では、勝木氏は自宅の風呂の水に幸満ちゃんをつけて死亡させ、服を脱がせてビニール袋に入れたということになっている。もしそうだとすれば、衣服も遺体もビニール袋も、そして勝木氏の手も風呂の水で濡れているはずだ。ところが、弁護団が実験したところ、濡れた手でビニール袋をいくら触っても、指紋や掌紋は残らなかった。検察ストーリーでいけば、レジ袋に指紋が残されていること自体、不自然だというのだ。


■ 副島洋明主任弁護人が辞任

「県警の鑑識には重大な誤りがある。これで被告の犯行を裏付ける物証はなくなった。真犯人は別にいる」
「警察が4日間も家宅捜索したのに(幸満ちゃんの)指紋も髪の毛も出てこない」
「物証などが乏しく犯人性は極めて疑わしい」
「検察側の証拠では彼の犯行だということはできない」
「褒められたり、頭をなでられたりされれば、供述を変遷させる」
「知的障害者は取調官に迎合する傾向が強い。勝木被告の供述調書ではなく、物証や客観的証拠を積み上げて立証すべきだが、それが極めて不十分」


これらの副島洋明弁護士の発言を見ても勝木諒に対して無罪を主張する姿勢は明確なものであった。他方、勝木諒は警察の取り調べに対し、容疑を全面的に認めている。裁判はどう転ぶか分からなかったといえよう。そんな中、主任弁護人であった副島洋明弁護士が辞任することになる。

■ 副島洋明主任弁護人が辞任した後、再鑑定の結果を撤回する?

ここで不可思議なことが起こる。無罪を主張し、検察と争う構えを見せていた勝木弁護団であったが、副島洋明弁護士辞任後、弁護方針を180度変えることになる。無罪を主張する根拠にもなっていた斉藤保鑑識鑑定士によるレジ袋指紋の再鑑定結果を撤回、検察の起訴内容は認め、訴訟能力と責任能力を争う方針に転換したのである。




●村木さん、賠償金3千万を社会福祉法人に寄付へ
読売新聞 2月17日(金)23時43分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120217-00001251-yom-soci
 郵便不正事件で無罪が確定した厚生労働省元局長で内閣府政策統括官の村木厚子さん(56)が、違法捜査の責任を認めた国からの賠償金約3000万円を、長崎県雲仙市の社会福祉法人「南高愛隣会」に寄付する意向を示していることが分かった。

 同法人によると、田島良昭理事長が旧労働省の障害者雇用対策課長だった村木さんと旧知の仲で、村木さんが起こした国家賠償請求訴訟では支援組織の代表を務めた。国側は昨年10月、約3770万円の支払いを受け入れており、弁護士費用などを除いた全額が寄付されることになる。村木さんは、障害者が適正な取り調べを受けられるための活動や、社会復帰支援に役立ててほしいとの考えを示しているという。同法人は犯罪を繰り返す障害者の更生の支援に活用するため基金を創設する考え




http://mobile.twitter.com/maruco2271?max_id=171377839973732354
maruco2271 なんじゃこりゃ…「犯罪を繰り返す障害者の更生の支援に」村木氏の昇格復帰で当時廃止されようとしていた障害者自立支援法は成立。この悪法で障害者は更なる負担を強いられることになっている。|村木さん、賠償金3千万を社会福祉法人に寄付 bit.ly/zm7Tz1

maruco2271 冤罪晴らした女性高級官僚が、「犯罪を繰り返す障害者の更生支援」とはわらっちゃうね。児童殺傷などの凶悪犯罪で知的障害者に冤罪を被せるのは常套手段。成田幸満ちゃん殺傷の容疑者もそうだ。児童を搬送した看護師はJICAで働く為NZへ留学、地震で亡くなっている。その直後有罪判決が下された。




犯罪を繰り返す障害者ですか。
障害者をいい隠れ蓑に使ってる。
てか、村木さんか・・・。
オザワンの捏造事件でも活躍のフロッピー前田元検事が担当した冤罪事件。
ナンだろね、2重スパイ!?なんて思ったが、生粋の高級官僚として天下り先の開拓ですか。



障害者自立支援法 wiki
「障害者及び障害児がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができる」ようにすることを目的とする日本の法律である。
従来の制度と比較して、障害に対する継続的な医療費の自己負担比率が、5%から10%に倍増した。狙いは、少子高齢化社会に向け、従来の支援費制度に代わり、障害者に費用の原則1割負担を求め、障害者の福祉サービスを一元化し、保護から自立に向けた支援にある。また、同時に国の財源負担義務を課している。

「障害種別(身体障害、知的障害、精神障害)にかかわらず障害者の自立支援を目的」ね。
んで、コネズミ外資首相時代ですね。



●BIGLOBE何でも相談室
○犯罪発生率
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa2679589.html
まず全国に精神障碍者が何人居るかを調べてみます。
平成17年度版 障害者白書の概要 によれば、精神障害者数は精神障害者258.4万人(人口千あたり21人)です。
http://www8.cao.go.jp/shougai/whitepaper/h17hakusho/gaiyou/sy05-01.html

次に、精神障碍者の中から犯罪を犯す人の割合を調べます。

平成17年度の犯罪白書 <第1編> 犯罪の動向
4 各種の犯罪者による犯罪 の、(3)精神障害者の犯罪 によると、
「一般刑法犯検挙人員のうち,精神障害者は915人,
精神障害の疑いのある者は1,373人であった。
これらの者が一般刑法犯検挙人員に占める比率は,0.6%(前年比0.1ポイント低下)」
となっています。
http://www.moj.go.jp/HOUSO/2005/hk1_1.html

ここから計算して、精神障碍者の犯罪者を915+1373=2288人とします。
これは、上記にあるように、精神障碍の疑いのある人を含むので、多めに見積もっていることになります。

さて、精神障碍者数全体の258.4万人中、犯罪を犯した人は2288人(精神障碍の「疑い」も含む)ですので、精神障害者が犯罪を犯す割合は0.088%となります。

そしてICPO(国際刑事警察機構)の2002年の調べによると、日本人全体の犯罪率は、
日本人総人口127,435,000人に対して、2.3%であることが分かります。
http://ms-t.jp/Statistics/Data/Crimerate.html

日本人総人口の中には精神障碍者を含めていますので、
計算によってこれを引き、精神障碍者を除く日本人の犯罪率を計算しますと、
同じく2.3%となります。
これは、精神障害者の数自体が、日本人総人口より遥かに低く、犯罪率にまるで影響しないことを示しています。

以上のことから、精神障碍者が社会において多く犯罪を犯すという通説は、明らかな間違いであり、
そのような説にデータを求める発言をすること自体が、
障碍者に対する差別・偏見を助長するということを、質問者様には、自覚して頂ければと思います。

なお、知的障碍者については私は浅学にして詳細を存じ上げませんが、
以下のようなコラムを見つけましたので、ぜひご参考ください。

http://www.videonews.com/on-demand/291300/000936.php
●「服役囚の4分の1が知的障害者」が意味するもの - マル激トーク・オン・ディマンド - ビデオニュース・ドットコム インターネット放送局

ゲスト: 山本譲司氏(福祉活動家・元衆議院議員)

 秘書給与の詐取で実刑判決を受けた元衆議院議員の山本譲司氏は、知的障害を持つ服役囚の介護が服役中の仕事だった。国会議員から一気に受刑者へと転落した時点で、ある程度の覚悟はできていたとは言え、そこには「服役囚の4人に1人が知的障害者」という驚くべき現実が山本氏を待っていた。

 約1年半の刑期を終え出所してきた山本氏は、福祉の仕事に携わりながら、知的障害者の犯罪の実態を調べ始めた。そしてそれを一冊の本にまとめたものが、近著「累犯障害者」だった。その中で山本氏は、実社会では生きるすべを持たない知的障害者たちが、繰り返し犯罪を犯しては刑務所に戻ってくる様を克明に描いている。犯罪といってもほとんどが「しょんべん刑」と呼ばれる万引き、無銭飲食、自転車の盗難などだ。そしてそうした犯罪を犯して繰り返し刑務所に戻ってくる障害者たちの多くが、刑務所を事実上「終の棲家」としてしまっているのが実態だという。

 おおよそどこの国にも人口の2〜3%程度は知的障害者が存在するとされる。日本の場合その数は300万人程度と推察されるが、その中で障害者に認定された際に渡される療育手帳を取得し公的福祉サービスを受けている人の数は46万人に過ぎない。残る障害者の多くが、福祉の網から漏れたまま、刑務所と社会の間を行き来する生活を送っているということになる。

 現実的には、知的障害者の多くにとって公的福祉サービスは存在しないに等しいという。厚生養護施設は3ヶ月程度しか障害者を受け入れてくれない。身寄りのない障害者は3ヶ月後には道に放り出される。そして、その多くが、ホームレスのような生活をする中で「しょんべん」犯罪を犯し服役してくる。その後は、同じことの繰り返しとなる。

 特に近年の高齢化によって、身寄りの無い障害者の数が増えていることも、この問題を更に深刻化させている。  山本氏はこうした問題の背後には福祉と法務行政の両方の問題があると指摘する。現在の日本では、一見健常者と見分けがつかない知的障害者に対する福祉が明らかに不十分であると同時に、知的障害者が犯罪を犯すと、自らを弁護する能力を持たないため、警察や検察に言われるがままに供述調書に署名するケースがほとんどだという。結果的に他愛も無い小さな犯罪でも立件され、刑務所送りになる。そして、それが累犯の温床となる。そんな悪循環だ。

 しかし、それにしても本来福祉が担うべき知的障害者の保護を、法務行政が、しかも刑務所という場で担っていて本当によいのだろうか。そもそも、知的障害者が刑務所に入る以外に生きるすべがないような社会が正しい社会と言えるのだろうか。このような障害者が生き難い社会というのは、実は健常者も生き難い社会ということなのではないのか。

 出所以来福祉活動に奔走している山本氏とともに、「服役囚の4分の1が知的障害者」が意味するものを考えた。




で、、「障害に対する継続的な医療費の自己負担比率が、5%から10%に倍増」
言ってる事とやってる事がおかしいです。
犯罪(しょんべん刑)を繰り返す障害者が増えますね。
マスゴミを使って「勝ち組、負け組」なる弱肉強食のイメージ戦略通り、セーフティーネットの破壊
障害者自立自殺支援法は、優生学ですね。

優生学wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%84%AA%E7%94%9F%E5%AD%A6
ドイツ(ナチス政権)における優生政策
1 人体実験
2 T4作戦
1930年代から40年代に掛けて、ナチスドイツは精神的または肉体的に「不適格」と判断された数十万の人々に対して強制断種を行い、強制的安楽死計画によって施設に収容されていた数万の人々を殺害した
3 レーベンスボルン(生命の泉)計画



放射能にまみれる日本では、若い世代からその影響を受け、これから生まれてくる新しい命にハンデを負わせてしまう。

http://desuperado.seesaa.net/article/240269541.html
>佐藤雄平福島県知事は、首相が昨年、原発事故の収束を宣言したことに言及し「福島県民や避難している皆さんからすると感覚は相当違う。あくまでも避難者の帰還が収束だ」と強い不快感を表明
>佐藤知事らが求めている、福島県内の18歳以下のすべての子どもの医療費を無料化

放射能にまみれた土地に縛っています。
人体実験です。
進行中です。


takashicyan たかし
優生保護法により、我が国では奇形児の出産は数字には現れない。出産前に処理された奇形児たちは、単なる「堕胎率」のなかに含まれてしまうからだ。したがって奇形児の発生率を、政府は国民の目から未来永劫「隠す」ことが可能である。。
https://twitter.com/#!/takashicyan/status/157695727915638784



障害者自立支援法 優生保護法 Google検索
http://www.google.co.jp/search?q=%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E8%87%AA%E7%AB%8B%E6%94%AF%E6%8F%B4%E6%B3%95%E3%80%80%E5%84%AA%E7%94%9F%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E6%B3%95&hl=ja&gbv=2&prmd=ivns&ei=uddET--9CIbimAWp1Y2fBA&sa=N&gs_sm=12&gs_upl=115484l117859l0l118922l4l3l0l0l0l0l360l548l0.1.0.1l2l0&oq=%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E8%87%AA%E7%AB%8B%E6%94%AF%E6%8F%B4%E6%B3%95%E3%80%80%E5%84%AA%E7%94%9F%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E6%B3%95&aq=f&aqi=&aql=



厚生省や警察官僚なんかの天下り先として

障害者自立支援法  天下り  Google検索
http://www.google.co.jp/search?q=%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E8%87%AA%E7%AB%8B%E6%94%AF%E6%8F%B4%E6%B3%95%E3%80%80%E3%80%80%E5%A4%A9%E4%B8%8B%E3%82%8A&hl=ja&gbv=2&prmd=ivns&ei=uddET--9CIbimAWp1Y2fBA&start=0&sa=N



厚生省だと、元事務次官宅連続襲撃事件がありましたね。
30年年来のペットの恨みとかいって、、、誰が信じますか?


●この世・あの世を知る
○「元厚生事務次官宅連続襲撃事件」裏切りの死刑判決

http://planz.blog62.fc2.com/blog-entry-109.html




●ラサ#lhasaのブログ
○小泉政権時代の不審な事件
http://blog.livedoor.jp/lhasa0619/archives/50639301.html
【議員】   
石井紘基:民主党議員。政界を震撼させるようなネタが見つかり、国会で追及する準備中に刺殺。

【911関係】
長谷川浩:NHK解説主幹。イスラエル国籍を持つ数百人が被害を免れていたことを発表。 数日後にビルから転落死。

米森麻美:元日本テレビアナウンサー。義父がゴ−ルドマンサックス証券名誉会長。 出産3週間後の2001年9月16日自殺。

【りそな関係】
平田公認会計士:りそな銀行を監査中に自宅マンションから転落死。

鈴木啓一:朝日新聞で敏腕記者として知られた人物。次期天声人語執筆者と目されていた。 りそな問題後、りそなの政治献金が10倍になっていることを記事にし東京湾に浮かぶ。手錠をしながらSM自殺。

植草一秀:ご存知、経済学者のミラーマン。手鏡でスカートを覗き、痴漢逮捕。
太田調査官:国税調査官。りそなの脱税問題を調査中に手鏡でスカートの中を覗き、痴漢逮捕。

【郵政関係】 
石井誠:読売新聞政治部記者。郵政問題の記事を書いていた。 総連の隣のマンションで変死体で見つかる。事故死。

【ライブドア】
野口英昭:証券マン(エイチ・エス証券)で、ライブドアの匿名投資組合に関する入れ知恵をしていた人物。 沖縄のホテルで受付に助けを呼びつつも割腹自殺。

【耐震偽装】 
森田信秀:森田設計事務所社長。木村建設/総研/ヒューザーなどの耐震偽装問題が浮上する直前に鎌倉市の海岸で遺体を発見。

姉歯元1級建築士の妻:姉歯が失踪し「消されたか?」と囁かれだした直後、突然自殺。 その後姉歯が姿を現し、逮捕される。

斎賀孝治:朝日新聞デスク。耐震偽装問題を調べていて自殺。

【イラク関係】
奥克彦在英国大使館参事官、井ノ上正盛イラク大使館三等書記官: イラクで銃撃死。政府が情報公開を拒むなどしたため米軍誤射など様々な憶測を呼ぶ。





contemporary navigationさんに戻りまして。

○カンタベリー地震と柏崎刈羽原発運転再開
http://ccplus.exblog.jp/14351353/
では、JICAに関する法律が作られたのは、いつだろう??

第1次小泉第1次改造内閣(だいいちじこいずみだいいちじかいぞうないかく)とは、小泉純一郎が第87代内閣総理大臣に任命され、2002年(平成14年)9月30日から2003年(平成15年)9月22日まで続いた日本の内閣である。

法務大臣 - 森山眞弓

森山眞弓

なるほどねえ。。
児童ポルノ法のおばちゃんですね。


○ニュージーランド・カンタベリー地震をめぐる偶然一致を考える
http://ccplus.exblog.jp/14336626/


JICAの誕生自体が、イラク戦争による自衛隊の派遣とリンクしていますね。
富山県知事が消防庁長官だったのも、その頃です。




国民保護法wiki
武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律(ぶりょくこうげきじたいとうにおけるこくみんのほごのためのそちにかんするほうりつ)とは、有事法制の一環として、武力攻撃等を受けた際に国民の生命・財産を保護することを目的として、2004年に成立した日本の法律である。


そーいや、ネトウヨ君が喜びそうなnews(国民保護法関連)があったな。

●海保に捜査・逮捕権付与へ…離島での不法侵入等
読売新聞 2月21日(火)14時35分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120221-00000685-yom-pol
 政府が2010年の沖縄県・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件などを受け、今国会に提出する海上保安庁法と外国船舶航行法の改正案の概要が判明した。

 海上保安庁の警察権を強化し、遠方の離島で不法侵入などがあった場合には、警察官に代わって海上保安官が捜査や逮捕ができる規定を設ける。対象とする離島は、尖閣諸島のほか、日本最東端の南鳥島(東京都)、最南端の沖ノ鳥島(同)などが挙がっている。

 政府は両法改正案について近く閣議決定する方針だ。

 現行の海上保安庁法は、海保の警察権の対象を「海上における犯罪」に限定している。警察が離島に到着するまで時間がかかることから、海保の警察権を拡大することにした。対象とする離島については、海上保安庁長官と警察庁長官が協議して指定する。





治安維持やら高級官僚の権力維持、向上やら、セーフティーネットの破壊やら。
んで、その支配人である米帝さんの話もブッこまなきゃいけねーんだけど、、、
疲れた。
ネット広げるたんびにページが落ちるし、書いてたの消えるし(涙)
おんぼろPCがしんどいゆーてはりますw
最後に適当にコレを。


○オザワン問題と治安維持法
http://desuperado.seesaa.net/article/252744356.html



posted by デスペラード at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック