2012年01月31日

人工地震とエネルギー詐欺

お尻フェチの皆様、
こんにちわ。

キャラが定まっておりませんが
気にせずに。


雨ニモマケズ
風ニモマケズ
放射能ニモマケズ
チイサナタイトスカウトニミヲツツミ
ミンナニデカジリトヨバレ
ハゲにエロイ目デミラレ
ブルマヲハイテトイワレテモ
クニモサレズ
エガオヲワスレズ
サウイフオシリニ
ワタシハアイタイ


ただただお尻が好きです。

はい。

いつも通りの更新を始めます。



こちら福井では、また大雪予報です。
既に昨日の晩から降ってくれました。
寒くて、冷たくて。
こんな時期の外仕事は拷問です。
そんな時の僕の相棒は、ホッカイロです。
吹だまりに留まる小さな灯り。
この時ばかりは、お尻よりも確かな温もり。
今日は、切れてました。

はい。

この時期に大変お世話になるホッカイロですが、
その原理は知ってますか?

http://www.kairo.jp/kairo/kairo.html
鉄を濡れたまま放置しておくとサビが出るのは日常よく目にすることです。これは鉄の酸化、つまり鉄が空気中の酸素と反応して酸化鉄になる化学反応なのです。化学反応が起こるときに出る熱を利用したものが「カイロ」です。


何故ホッカイロ?ですが、
ホッカイロは、鉄と酸素と水の化学反応。

これを壮大にやっちゃったのがタイトルにある「人工地震」です。


●人間が起こした地震[建築の雑誌『施工』(彰国社)]
http://www.asyura2.com/07/jisin15/msg/142.html
2007 年 7 月 22 日

しかし、人間は間接的には地震を起こせないことはない。つまり、地震が起きそうなだけ地下にエネルギーがたまっているときには、人為的な行為が地震の引き金を引くことは出来るのだ。

米国コロラド州のデンバー市のすぐ北東で深い井戸を掘って、放射性の汚染水を捨てたことがある。米空軍が持つロッキー山脈兵器工場という軍需工場の廃液であった。それまでは地表にある貯水池に貯めて自然蒸発させていた。厄介ものの汚染水を処分するには自然蒸発よりはずっといい思いつきだと思って始めたのに違いない。井戸の深さは3670メートルもあった。大量の汚染水を捨てるために、圧力をかけて廃水を押し込み始めた。

この廃液処理を始めたのは1962年3月のことだ。3月中に約16,000トンもの廃水が注入された。

四月になって間もなく、意外なことが起きた。もともと1882年以来80年間も地震がまったくなかった場所なのに、地震が起きはじめたのだった。

多くはマグニチュード4以下の小さな地震だったが、中にはマグニチュード5を超える結構な大きさの地震まで起きた。マグニチュード5といえば、松代での群発地震の最大の地震に近い大きさだ。もともと地震活動がごく低いところだから、生まれてから地震などは感じたこともない住民がびっくりするような地震であった。人々はこの工場での水の注入が地震を起こしていることに気づき、ちょっとした騒ぎになった。

そこで、1963年9月いっぱいで、いったん廃棄を止めてみた。すると、10月からは地震は急減したのである。

しかし、廃液処理という背に腹は替えられない。ちょうど1年後の1964年9月に注入を再開したところ、おさまっていた地震が、突然再発したのである。

そればかりではなかった。水の注入量を増やせば地震が増え、減らせば地震が減ったのだ。1965年の4月から9月までは注入量を増やし、最高では月に3万トンといままでの最高に達したが、地震の数も月に約90回と、いままででいちばん多くなった。水を注入することと、地震が起きることが密接に関係していることは確かだった。

量だけではなく、注入する圧力とも関係があった。圧力は、時期によって自然に落下させたときから最高70気圧の水圧をかけて圧入するなど、いろいろな圧力をかけたが、圧力をかければかけるほど、地震の数が増えた。

このまま注入を続ければ、被害を生むような大きな地震がやがて起きないとも限らない。このため地元の住民が騒ぎ出し、この廃液処理計画は1965年9月にストップせざるを得なかった。せっかくの厄介者の処理の名案も潰えてしまったのであった。

地震はどうなっただろう。11月のはじめには、地震はなくなってしまったのであった。

こうして、合計で60万トンという廃水を注入した「人造地震の実験」は終わった。誰が見ても、水を注入したことと、地震の発生の因果関係は明かであった。



はい。


地球wiki
組成は地表面からの深さによって異なる。地殻に存在する元素は、酸素(質量比49.5%)とケイ素(同25.8%)が主体で、以下アルミニウム・鉄・カルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウムなどの金属元素が含まれる。この元素別質量百分率はクラーク数として纏められている[8]。ほとんどはケイ酸塩など金属酸化物の形で存在する[8]。

対照的に、中心部分は鉄やニッケルが主体である。地表面の71%は液体の水(海)で被われており、地表から上空約100kmまでの範囲には窒素・酸素を主成分とする大気がある。大気の組成は高度によって変化する。



水と酸素と鉄が織り成すハーモニーw
酸化という化学反応。

酸化ってのは、さびる=燃える とゆう事象です。
ゆっくりならば、熱もおびませんが。
急速にすれば燃えます

地殻には、鉄が眠っている。
地表に穴を開け、何千年、何万年(いや、もっとかな)眠っていた場所に空気(酸素)が入る。
そこに大量の水。

急激な酸化の事象。
急激に大量に燃えるというのは、爆発ですよね。
それが地震を誘発する。


上で出した人工地震の話は1962年。
そして、米空軍が持つロッキー山脈兵器工場という軍需工場の廃液とあります。
たまたま「発見」したのかえw


そして、1976年にアメリカもソ連も批准してる、
「環境操作技術の軍事およびいかなる敵対的使用の禁止に関する条約」
http://www.google.co.jp/url?q=http://www1.doshisha.ac.jp/~karai/intlaw/docs/enmod.htm&sa=U&ei=B_uOTeXpCY7CvgOS7oCmDQ&ved=0CAwQFjAA&usg=AFQjCNHYS1Jjs7YARtti12WfpguYP24H7g


環境操作技術。
地震、天候などの操作です。
表だって出てくるという事は、そうゆー事です。
気象操作なら、皆が目にした北京オリンピック。
雨を先に降らしましたよね。
それを公式に発表してましたし。


●富士山で初の人工地震探査 噴火予測へ地下構造解明
http://www.47news.jp/CN/200309/CN2003090601000067.html

富士山噴火に備え、人工地震で地下の構造を探る観測を11日、東大、京大など全国8大学の研究者らが共同で行う。  地下構造が解明できると、富士山の火山活動に関連する自然地震の震源がより正確に特定できるようになり、マグマだまりの場所の推定にもつながる。富士山の今後の活動予測に必要な貴重なデータが得られると期待されている。  
同様の探査は1994年以降、毎年1つずつの火山で行われており、富士山では初めて。参加する研究者は8大学などの約60人。  静岡市と神奈川県津久井町付近を結ぶ約100キロのほぼ直線上5カ所で、地下約80メートルまで穴を掘り500キロずつの爆薬をセット。11日午前1時ごろから5分ずつずらして順次爆発させ、人工地震を起こす。 地震波は、過去の噴火で上昇したマグマが地表近くまで貫入して固まった岩脈が多数あると、速く伝わる性質がある。  人工地震の地震波を、富士山頂を含め発破地点を結ぶライン上に設置した約400台の地震計でキャッチ。地震波が届くのにかかる時間のずれを解析することで、こうした地下構造を詳しく解明する。



掘り下げれば、去年の3・11以降にネットに出回った
1955年の朝日新聞


20101031182624460.jpg

20101031180935815.jpg



核爆弾を使って地震を起こす。

今なら、簡単に出来ますね。
穴を掘るのは、石油採掘能力で地下10キロ以上掘れますし。

日本の周りは、深海探査船ちきゅう号が穴堀まくりです。
http://desuperado.seesaa.net/article/219104367.html

人工地震は、いくらでもネットから出てきます。
例えば、「人工地震 ベクテル社」「阪神淡路 ベクテル社」とかをググればw

大変まとめてあります↓
 
●誠天調書
○東日本大震災は「地ならし工事」に過ぎない。一儲けしようとする連中が、地ならし工事で ムシケラの巣 や ムシケラの生死 を気にするかい?
http://mkt5126.seesaa.net/article/190732886.html



そして、今、福島の原発テロが起き(テロについても少しずつ出していきまフ)
去年から世界中の原子力発電所が地震により不具合を起こしています。
世界は、反原発に向かっています。
そして、石油、天然ガスの高騰です。
ついでにホルムズ海峡緊張状態で、よりソレを煽っております。

これと同じような時代がありました。

スリーマイル島原発事故
この事故により反原発の気運が高まりました。
この事故の12日前に「チャイナシンドローム」とゆう
原発事故の恐怖を描いたハリウッド映画が公開されました。
この事故は、1979年3月。
この時、日本を先進国を襲っていたモノは、第二次オイルショック。


第二次オイルショック(第二次石油危機)wiki
1979年(昭和54年)のイラン革命により、イランでの石油生産が中断したため、イランから大量の原油を購入していた日本は需給が逼迫した。また、1978年(昭和53年)末にOPECが「翌1979年(昭和54年)より原油価格を4段階に分けて計14.5%値上げする」ことを決定し、原油価格が上昇(余談だが、4段階目の値上げについては総会で合意が形成できなかった)。第一次オイルショック並に原油価格が高騰した。

しかし、第一次での学習効果、省エネルギー政策の浸透(深夜のテレビ番組放送の自粛や、第一次同様のガソリンスタンドの日曜祝日休業などが行われた)、企業の合理化効果などにより、日本経済に対する影響は第一次オイルショックほど酷いものにはならなかった。また第一次の頃ほど値上げは長引かず、イランも石油販売を再開し、数年後には価格下落に転じて危機を免れた。



2月からイラン革命が起きてます。

まぁ、言うに及ばずですが、原油価格の高騰。
これで、石油資本達は、莫大な富を手にしてます。

ついでに、この後イランイラク戦争が勃発します。
この時は、イラクからちょっかいを出し、アメリカが後ろ盾をします。

その後の湾岸戦争では、クエートがイラクにちょっかいを出してきて、
アメリカは「僕ら気にしないから」と、イラクの報復を見てませんよ、とアピールするんだが
いざ始まったら、一斉にイラク叩きw

ナンですか?お犬様の末路ですw

話を戻しまして、第二次オイルショック、
この流れを見ているだけでもスリーマイルが事故ではなく、テロの香ばしい匂いがw

で、ここで狂ってるのが、この日本政府。
中東の火種によりオイルショックを喰らったのに、中東産石油の依存が強くなります。
そして、石油以外のエネルギー政策として、原子力発電の建設が加速します。
ゼネラル・エレクトリック(GE)なんかが日本に原子炉を
事故ではなく「テロ」が起きたアメリカでは、30年以上建設してません。(まぁ、建設の計画はあったんだが今のトコ頓挫中)。

まぁ、喰いものにされる様そのものです。
で、されたフリして、核保有を日本政府がひたひたと進めたんだす。
ここら辺は、今週中にでもうpできればw


で、
話を人工地震に戻しますw


●首都直下M7級 4年以内に70% 東大地震研試算
産経新聞 1月24日(火)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120128-00000015-mai-soci

●下北沖〜陸中でもM9級か…これまで想定されず
読売新聞 1月26日(木)11時18分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120126-00000467-yom-sci

●<連動型巨大地震>痕跡発見 紀伊半島沖の南海トラフで
毎日新聞 1月28日(土)11時6分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120128-00000015-mai-soci




関東、中部地震の予測が激しくなってます。
地下にいらっしゃるメタンハイドレートの採掘にゴーサインの表れかしらw

「穴掘っていろいろするけど、人工地震じゃないわよ。自然に地震が来るからねw」


急に地震の可能性を示唆して、メタンハイドレートにゴーサインだとして
エネルギーの自活は、許してくれねーだろ!?
まぁ、時間がかかるにしても、だ。
とりあえずの取引って・・・
イランの原油取引停止にゴーサインを出したから!?
この間に、石油、天然ガス高騰でぼろ儲け。
まぁ、繋がってますが・・・。


んで、気になるnews。

●エクソン、日本市場完全撤退も 需要縮小、石油元売り業界再編の可能性も
フジサンケイ ビジネスアイ 1月31日(火)8時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120130-00000007-fsi-bus_all


完全撤退。
まぁ、いろいろと噴き出し始めてる兆候ですかね。
これから本格化するメタンハイドレート採掘に何か仕掛けませんか?
元々、日本とロシアを繋ぐ天然ガスのパイプラインをはじめてたのは、エクソンモービルでしたね。
油田開発企業であるエクソンは、人工地震を起こせますね。



すべての主攻は助攻
すべての助攻は主攻
木を見て森を見る、か。

目に付かない、静かなモノに注視しておく必要があるかな。
日本から見えなくなるものは、特に。

どーやって見よう?w





posted by デスペラード at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。