2013年09月28日

送電分離と核廃棄物処理の両の手

柏崎刈羽の安全審査承認 「条件付き」と新潟知事 再稼働問題
2013.9.26 17:31
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130926/trd13092617320015-n1.htm
東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働問題で、新潟県の泉田裕彦知事は26日、東電の安全審査申請を条件付きで承認するとのコメントを発表した。東電側にも文書で伝えた。
 泉田知事は25日に東電の広瀬直己社長と会談。広瀬社長がフィルター付きベント(排気)設備を追加設置し、事故対策を強化する考えを表明したことに、一定の評価をしたとみられる。

 東電は原子力規制委員会への申請を進める方針で、安全審査の手続きが動きだす見込み。

https://mobile.twitter.com/IzumidaHirohiko/status/383207591603490818?p=v
泉田裕彦
@IzumidaHirohiko
【原発】東電の規制基準適合申請について、健康被害を与える恐れがある「フィルターベントは使用禁止」等の条件で承認しました。 コメントです→http://t.co/SJsNkmCu6y



で、泉田知事を叩く声と擁護の声と。
この話が決まる前は、泉田知事プチフィーバー中ですた。
続きを読む


posted by デスペラード at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。